さらにおまけ。

grab。
東南アジアでの最もメジャーな自動車配車アプリです。

東南アジアに限らずタクシーに乗る場合、想定される嫌なことがいくつもあります。
言葉が通じない…のは仕方ありませんが、支払い時のトラブル、遠回りして金額を上げる、純粋にぼったくり等、数多くの問題が発生し得ります。

そこで人気を博しているのが、配車アプリ。現地の人すら使っています。
降りる場所はアプリで指定可能、支払いはアプリに登録のクレジットカード、何か問題があればアプリから運営企業へ連絡をすると返金等を検討してくれる…つまりは上記のような問題がほぼなくなります。
そしてお互いに評価しあうため、評価が低い人は選ばれなくなってしまう。それを回避しようと、ドライバー側にはまともに運転するインセンティブが働く。

その力で初めは世界を席巻していたかのようなuberですが、とうとう東南アジアから撤退。
その後を引き継いだのがライバルだったgrabです。

使い方は簡単。
写真を載せて1つずつ説明してもいいのですが、誰にでもわかるような仕組みになっています。じゃなかったら流行りませんから…。

アプリをインストールして、どこからどこへ行きたいかを、文字や地図上から選択できます。
そして何に乗って行くかを選択します。
それだけ。
ドライバーさんが決まり、こっちに着くまでの時間などが表示されます。
ここでナンバープレートも表示されるので、その車を探しながら待つといいです。

車だけではなく、バイクも選べます。
1人ならバイクの方が早くて安いです。
ただ2人以上では乗れません。バイクに慣れてない人も含めて、基本的には車を選んだ方が安心です。

Just Grab(呼べる車で一番早いやつを呼ぶ)を選択するのが普通ですが、GrabCar(白タク)やGrabTaxi(タクシー)などを個別に選択することもできます。
その他にもグレードの高い車を呼べたり、星が多い(=きっといいドライバー)人だけを対象に呼べたり、色々オプションが出来ています。見ればわかる程度なので、安心してください。

grabでは相手からもこっちからも、電話やチャットでコミュニケーションを取れます。
お互いが集合地点で見つけられない場合はそういったことで補えるので安心。かと思いきや、英語が普及しているマレーシア(多分シンガポールも)以外だと、英単語が理解できるかどうかギリギリのドライバーさんが多いです。でもこっちも単語で返して良いということですw
ていうかドライバーさんは運転してるので、チャットなら単語の方がわかりやすいでしょう。目的はどこで拾えるのか、ですから。

クレジットカードの登録をしておくと、到着したら降りるだけなので楽ちん。(高速道路代などの必要経費を請求されることもあります、それをクレジットカードへ請求してもらうこともできます)
ただし日本では登録できないので、現地に着いてから登録してくださいね。

grabpay
でも日本でも出来てしまう不思議。一度登録すると、日本でも登録できるようになるかもしれません…。

降りたら評価をする画面が出ます。余程のことがない限り5星にしておきましょ。

東南アジアではgrabはマストアプリです!
是非ダウンロードして行ってくださいねー。
それではまた。