さて、ホテルに到着しました。
空港から5kmしかないのに、車で1時間。人力車バリのスピードです。
事前にある程度知っていたものの、凄まじい渋滞。バリを旅行する方は、時間に余裕を持ちましょう!

ホテルはザ・ストーンズ・ホテル。正式名称は「ザ ストーンズ レギャン バリ マリオッツ オートグラフ コレクション ホテル」とかいう誰も覚えられない名前なので、忘れてください。忘れる必要もなく覚えられませんが。空港のイミグレーションでも、the stonesという名前で認識していました。わかりやすい!

今回の宿泊代金は無料。マリオットのトラベルパッケージを利用しました。

チェックインはカウンターで。まずはウェルカムアイスをくれました。果物が入った小さいかき氷のバータイプです。
そして親切丁寧に何から何までご説明を。
貰った紙はこんな感じ。

bali5

名前は消してます。つまり名前入りということで、ご丁寧な感じがわかるかと。
ところでin Room Check-inはどこいったんや?

それはさておき、とてもにこやかで凄く好印象。
部屋へエスコートしてくれる若いお兄さんもにこやか。微笑みの国はここにあった!
この若いお兄さんは日本語を勉強してるそうで、もしかしたらそのうち日本語対応スタッフになっているかも?

部屋について。アップグレードを狙うにしても、予約をするにしても、デラックス・プールより上の部屋がお勧めです。

デラックス・プールの部屋は部屋そのものは広いわけでもなく、普通です。トイレとシャワーと洗面台が全て独立しているところは本当に素晴らしいけれど。
部屋にはillyのコーヒーメーカーと、それ用のコーヒーとデカフェコーヒーのポーションが1つずつ引き出しの中に入っています。もちろんですが、ターンダウンの時やリクエストをすればいくらでも貰えます。

トイレは東南アジア式?ウォシュレットが付いています。

bali4



この部屋の何がお勧めかというと、テラスにバスタブとカウチソファがあり、これが最高にいいんです!暑いときにバスタブに少し水を張りちゃぷちゃぷしてみたり、ソファで寝転んでみたり。カーテンも付いてるので、明るすぎたり暑すぎたりする際には閉めれば万事OK。

bali3

(デラックス・プール、マリオットの公式ページのものを拝借)

こういうホテルでは1階はプールへのダイレクトアクセスといって、プールへ直接部屋から出られることが多いのですが、このホテルは殆どの部屋でベランダ側からは外へ出られません。植木が邪魔をしています。その分プライバシーが配慮されてるとも言えるのですが、足をちゃぷちゃぷできるプランジプールがあるだけでテラスは極めて狭く、1階の魅力がそこまででもないです。通常はあまり喜ばれない2階以上の方がこのホテルに関してはいいと思いました。

最後に些末な話ですが、氷は呼んで持ってきてもらいます。フロアのどこにもないので、探しても無駄です!電話しましょう。I'd like ice cubeで十分。countableですが、気にしなくて大丈夫です。他に何かありますかと聞かれれば、No, Thank youで問題ないです。

どうしても電話は嫌という方には、アプリでチャットからメッセージを送れば、タイミング次第では即答してくれます。ただしシステムなどに何かしらの問題があったりすると、全く返答がないこともあるので注意です…。

そんな感じです。
それではまた。