この旅行記を書こうと思っていなかったので、写真はあまりありません!
多分今後も写真が多くなったりはしません!
やっつけ気味?ではありますが、備忘録的には残してみたいと思います。

まずは飛行機の話を少し。
GA883便、大阪関西からバリデンパサール直行便(KIX-DPS)。

特典航空券での片道です。

スカイチームのマイルの話をしても仕方ないと思うので、ひとまずカット。
ですが、デルタの日本500には参加するのは悪くありませんよ!
それはさておき。

bali1

これが少し厄介な?チケットで、Economy Restrictedとあります。
制限されたエコノミーとでもいうのでしょうか。
何が制限されているの?というと、このチケットは座席指定ができないんですねー!(私はいつも荷物を預けないので、荷物の制限はわかりません)

エコノミーの座席は2-4-2なので、やはり端の2がいい…。というわけで少し面倒なのですが、ウェブチェックインをしました。パスポート等の情報を自分で埋めるというやつで、これをすると席を選べます。

ガルーダインドネシアでは、ウェブチェックインは出発時間の24時間前からの受付、つまり26日の11時からの受付です。(写真では10:50ですが実際は11時です)

競争相手は特にいなかったようで、無事に席を指定できました。ひとまず安心。

さて当日。年末ということもあって、チェックインは長蛇の列。ウェブチェックイン列があったかどうか見ていないのですが、スカイプライオリティ(スカイチームエリートプラス資格)を持っていたので、専用チェックインから楽にチェックイン。飛行機会社における上級会員のメリットの9割はここにあると思ってます!(最近キオスクでの自動発券が広まってきて、各社上級会員の魅力が失われているのもまた事実…。)

今回こちらで発券したのは片道だけのため、帰りのチケットを提示しろとのこと。もし片道で発券する人は、紙でもスマホでもいいので用意していた方がいいですよー。

さて機内…は、平凡な感じ。普段はあまり普通のエコノミーに乗ることがないのですが、LCCと比べて僅かに広いくらいです。
機内食は片方が切れたのか、白身魚とのこと。

bali2

(ガルーダインドネシア様のウェブページより拝借)

こんなもんです。しょっぱかったくらいの記憶しかありません。降り際にはアイスクリームのスーパーカップか何かを配っていた気もしますが、食べてないのでよくわかりません。
後はエコノミーでも小さいポーチのようなものをくれます。捨てるだけになる可能性が高いです。
それでも出発後約7時間後に到着。それまでに機内で税関申告書を書いておきましょう。他に特筆するようなことは何もありません。

到着後、イミグレーションで、どこのホテルに泊まるのかを聞かれます。予め用意しておいてもいいし、適当にシェラトンとか言っても大丈夫です。(一応ダメですw)

荷物のピックアップゾーンを抜けて外に出るとぬる~い風が。
そう東南アジアなのに冷房があまり効いてないんですね。これはバリ全体的にそうでした。冷房があまり得意じゃないので、これはとても嬉しい誤算。東南アジアはだいたいどこ行ってもガンガンにかかってますから!

制限エリアから出るとATMがあったり、タクシー?と声がかかったりするのですが、今回はなんと送迎を頼んでいます。というのも、ホテルのコンシェルジュとのやり取りで、送迎がタダだと聞いていたのです。(担当が別ということで、改めて別の方からメールを頂戴しました)


scr201812241433

ということで、マリオットプラチナプレミア会員はホテルのサービスで往復の送迎してもらえるとのこと。
こういったこともあるので、プラチナ以上の人は、泊る前に何かないかー?とホテルに聞いておくのが良いかと思います。
聞いておかないとまずもって知りようがありません。

Golden Bird Loungeに行けと聞いていたので探そうかと思ったところ、先ほどのタクシー?の声がかかるあたり、つまりは一般エリアにでたすぐあたりで発見。
よくわからないので出迎えてくれた人に説明すると、「ああ、〇〇さん?」と指をさされ…入口の低いところに自分の名前が貼ってあることに気づきました。初見でこれを発見できた人は偉い!というくらいわかりにくかったですw

少し待った後、微妙に日本語を話す…けど日本語で返すとわからないという面白み溢れるドライバーさんとともにホテルへ。距離は5kmしかないのに1時間かかりました。

なんでやねん。

ひとまずこのあたりで。
それではまた。