予算が気になるトラベラー

コスパが気になるお年頃。

カテゴリ:旅行 > ホノルル

初めに

お子様が小さい場合、海かプールにいればいいと思います。私はお子様というには大きいですが、海かプールにいれば大体満足です。

そして今回は、そんなところばかり出てきます。

アラモアナビーチパーク&マジックアイランド

よく日本の新婚さんが写真を撮られているところ。微笑ましくて応援したくなります。しかしそういった写真が撮れるくらいにキレイで、便利な場所にあるので是非訪れてほしい場所でもあります。


場所はこのへん。

IMAG0688

ベンチ越しのアラモアナショッピングセンターと、コンドミニアム群。


IMAG0691

海も結構きれいです。たまーに亀なんかがいたり。


IMAG0699

マジックアイランド。浅くて波がないので、小さなお子様にぴったり。実際そういうファミリーが殆どです。

マカプウビーチ

イルカで人気のシーライフパークのすぐ側にあるのがマカプウビーチ。とても海がきれいで、人が少なく、トイレもあります。The Busでくるならシーライフパークで降りると良いでしょう。ここ以外にはトイレがどこにもないので、困ってしまうでしょうから。波もいい感じで、サーフィンをしている人が多いですね。

場所はこの辺。



IMAG0650


IMAG0652

上から見てもここまで来てもきれいでしたが、波が高すぎるのでちゃぷちゃぷするくらいでした。

この辺りは車上荒らしに遭いやすいので、金目のものは決して車に置いていかない方がいいでしょう。


IMAG0654

すぐ側のマカプウ展望台からの眺め。

マカプウ・ライトハウス・トレイル

地元の方はベビーカーを押しながらでも登るような、山の散歩道。展望台のすぐ側から入れます。

IMAG0671

入口。


IMAG0657

ここからスタート。舗装されてます。散歩道でしょ?

途中には休憩所というか椅子もしっかりと完備。


IMAG0663

サボテンが自生してました。足の裏みたいな。結構色々なサボテンがありましたよ。


IMAG0667

ゴール地点から、登ってきた方向を。

海側は目で見ると綺麗なものの、写真だとぼんやりするのでカット。遠いです。

フォート・ルガー・パーク

IMAG0766

大体この辺。



特に何があるわけでもない公園。日立のCMで有名な「このー木、何の木、気になる木~」が生えている、けれど撮影地とは違う公園です。

実際の撮影地はちょっと遠いし、同じように何もない公園なので、ここでいいんじゃないかなあ?

人が少ないので、鳥が結構います。遊ぶのには最適。そんなことする人はいないと思いますが…。


その他にも、ダイアモンド・ヘッド・ビーチ・パーク(山じゃなくてビーチの方)や、クリオウオウ・ビーチなどにも行きました。前者はそれこそトレッキングの道みたいなところを降りて行かないと辿り着かない。後者はハワイなのに時間によっては遠浅。それぞれ全く趣が違うので、運動が嫌いでなければ、街以外でも色々楽しめると思います。

終わりに


初めてオアフ島に来ました!という人にはダイヤモンドヘッド、タンタラスの丘、マノアの滝ももちろんお勧めです(マノアは2回目以降でも楽しい)。

食べ歩きも兼ねてカイルアあたりもいいですね。

ガチのトレッキング好きには、そういうコースもいくつかあります。

オアフ島の良さはファミレス的に何でも揃っていて、それが遠くに行かなくても楽しめるところだと思います。

こんな写真ばかり撮っていて、ホテルの写真は全然ありません。まあきっとホテル自体にはあまり興味がないんだと思います。無駄に50泊くらいしてるわけですが…どうしたものだろうか。

それではまた。

初めに

ワイキキ周辺でお金を使う気がない人向けという、ある意味矛盾した場所を少し紹介していきます。

時間が余っている人、もしくはケチにオススメ!(何故ハワイに行ったの?という考え方もあります…)

ドン・キホーテ



人気有名店。場所はこのあたり。
アラモアナセンターから、東北方面にあります。歩いても全然行けます。人によっては、少し歩いただけで街の雰囲気が変わるところも楽しめるんじゃないでしょうか。

ここのオススメ理由、それは行きやすい場所にあって、何でもそこそこ安い値段がついているから。日用品をABCで買うと相当高いですが、ここに来れば納得できるプライスです。しかし中にあるデリコーナーは少しお高め。

その代わりというか、入口に格安の飲食店が並んでいます。抵抗感のない人は、ここで食べるのも面白いと思いますよ。東南アジアに来たような、そんな懐かしい感覚が少し漂っています。

写真は何にもありません

フード パントリー ワイキキ クヒオ



場所はこのへん。ワイキキの真ん中あたり、クヒオ沿い。もうすぐ閉店するそうですが…。
ちなみに、横にあるゼネラルストアには何もないので入る価値なし。

入って奥に行くとスーパーがあります。まず、ここが人気スポット。行きやすくて、品ぞろえもそこそこ。夜になるとお弁当が値引かれていたり。好きかどうかはともかく、テッズベーカリーのパイがあったり。街中にある人気のスーパーなので、気軽に楽しめると思います。

そして入口からすぐ左手にある、ハイステーキ。日本人にも人気の、お安めステーキ弁当屋です。気さくな店員さんが今ならフライドライスがオススメだよ、とか色々教えてくれるのも嬉しい。

それに加え、例えばメニューにはOriginal Steak Comboとあり、横に#1。番号を言うだけで買える親切設計です。ドリンクいらない人は、コンボじゃなくてその下のプレートがドリンク抜きメニューなので、そっちを買う方が良いかも。

IMAG0630

珍しく写真を撮っていました。何とも美しくない写真ですが…。

これはステーキとチキンのプレート。グリーンサラダにブラウンライスです。#2のドリンクなし。

テイクアウトの容器に入れてくれるので、どこへでも持っていけるのもいいところ。ちょっとゴミが増えますけどね…。


ワイキキランドロマット



場所はこの辺。
つまりはコインランドリー。泊まるところによっては歩いて行けて、お値段も良心的です。

IMAG0627

IMAG0628

IMAG0629

全体的にぼろいです。使えない洗濯機や乾燥機が多い!紙が貼ってなくても使えないこともあるので、ランプが付いているかどうかも確認しましょう。洗剤はちゃんと売っています。日本では見かけない自販機なので一瞬戸惑いますが。


ワイキキからちょっと離れるだけでも、興味深いローカル向けのスーパーなどのお店が結構あったりします。

レナーズベーカリーに行くなら、その方向だと例えばFort Ruger Market、Kokua Market、Down To Earth(ここは凄く高い)、Crack Seed Store(梅屋さん)などなど。

IMAG0741

唯一写真を撮ってるこちら。小さい店舗で、オーガニックなど自然派が売りなお店。


IMAG0736

変なものが入ってないよ!というアイス。ホールフーズなどでも見かけますね。400円くらいしますが、優しい味でとても美味しかった。


IMAG0747

このあたりには何故か厳嶋と書かれた鳥居もありました。広島との友好関係を表したもののようです。


終わりに

最後は少し脱線しました。

ワイキキの中は観光客価格なので、お菓子を買うのにも気分が萎えてしまいます。よって必然的に周辺のお店巡りがちょっと楽しいです

ハワイに来て何をするか。人によってそれぞれだと思いますが、街をうろうろするならこういう感じのところを楽しむのもいいんじゃないでしょーか。何となくですが、香港の街歩きを楽しめる人なら、きっと楽しいと思います。

それではまた。

はじめに

「すごーい!」という話や、食べ物の写真は出てきません。今後もあまり出ません

マリオットへ宿泊してみようかな?という人に、少しでも参考になれば幸いです。


ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

日本人観光客には人気がないと思われるホテル。

しかしながら、日本語チェックインデスクやコンシェルジュも出来ており、実際には結構たくさんの方がいらっしゃいます。ひとまず言葉の問題はそれほどなさそうな気がしました。

私たちはホテルに11時過ぎに到着。早すぎるものの、アーリーチェックインのリクエストは出していたので、チェックインを試してみることに。用意できる部屋があるとのことなので、いくつか候補を聞いてみて、ダイヤモンドヘッド・オーシャンビューにしました。部屋については公式が詳しいので、そちらをご覧ください。

ほぼこのままです。違う点は1キングベッドということと、奥にある緑の椅子一対がなかったことくらい。
宿泊した部屋は奥側の棟の33階。最上階でした。


hawaii3

ラナイ(ベランダ)からの眺め。天気は晴れ。遮るものがないので、確かによく見えます。


IMAG0631

雨が降ることはあまりありませんでしたが、その際には虹も。すぐそこから生えています。


IMAG0638

夕方には赤く染まります。

普通の部屋ですが、景色は素晴らしかった。ラナイでのんびりと寝転がれれば最高ですが、ホノルルでそこまで望むのはちょっと難しいところです。そして33階だと気温が低く、風もあるので、結構ひんやりしていて寝転ぶのには不向きでした。高層階にプールがあるホテルは結構見かけますが、やはり少し寒いことが多いですね。


ホテルの両棟にはABCストアもあり、スタバやら何やらとあって十分便利。珍しいのはペットボトルの水が廃止され、1階で水を詰めてくれとのこと。面倒なような気もしますが、こういう制度は嫌いではありません。コストカットするとともに、エコロジー心をくすぐられて、個人的には参加したくなってしまいます。


プラチナ会員以上だと、以前は選べなかった朝食が予想通り選べるようになっていました。クヒオグリルでのビュッフェ。バフェィと呼べというところまでは、まだアメリカに忠誠心がありません。シンプルな構成で写真を撮るほどでもなかったため、写真もありません

食べたいものもあまりありませんが、最低限何とかなるようにはなっています。個人的にフルーツはいい感じ。後はヨーグルトがあったので、特に不満はありません。エッグスタンドもありますが、大人気で常に人がいます。1度だけ空いていたので注文してみた感じでは、想像よりは美味しい!でも量が多い!てところです。

個人的には7泊でも平気でしたが、食にこだわりのある人は追加料金でモアナ・テラス(多分)でも食べられるそうです。


初日の夕方頃に、1階の日本人コンシェルジュ前で声を掛けられ、提示するだけで割引などのサービスを受けられる会員証のようなものを貰いました。ホノルルクッキーが1日1枚もらえるとか、謎の特典がずらずら。クッキーを1日1枚だけ欲しい人いるかな?そしてその会員証には「マリオットヴァケーションクラブ」の名前。いわゆるリゾート会員権を販売しているところです。初ハワイの人はひっかかりやすいので、そういう雰囲気があるとアタックしてくるかもしれません。


3階にプール、フィットネス、コインランドリーが揃っています。かなりの時間を3階で費やしましたが、なかなかいいプール環境なので、ゴロゴロしたい人は是非。ただしパラソルがあるところを選びましょう。


IMAG0683

IMAG0684


夕方もいい感じに。ただしパラソルが役に立たなくなるので、位置を変えないと暑くて死にます

IMAG0727

IMAG0750

部屋の写真もホテルの写真も出てこないのに、プールの写真ばかりですいません。

夕方になりプールスタッフが帰る頃、スタッフの方が本来は有料のカバナに移っても良いよと言ってくれたので、管理がなくなるとそのあたりは自由になるようです。

そして18時から、プールの奥にあるモアナ・テラスにて毎日の生演奏。なかなかに素晴らしいです。毎日奏者が変わるので、好みかどうかは運次第 お酒を飲みながら聞いてもいいし、プールデッキから聞いてもいい。良い環境です。17時台はハッピーアワーでもあり、お店もかなり混みあいます。1階のイタリアンレストラン、アランチーノも夕方は結構混みあっていました。予定のある人は、予約した方が良さそうです。


IMAG0710

こちらはコインランドリー。4ドル。クレジットカードで払えます。(ビザかマスター)
洗剤も別途売っています。


IMAG0711

乾燥機。3.75ドル。

荷物を少なくしたいので、よくお世話になります。待ち時間はプールで転がっていればいいだけなので、何の問題もなく。以前は上下のシールが貼られておらず、どっちがどっちなのか少し悩みました


IMAG0636

3階の2つのタワーを繋ぐ道にあるブーゲンビリア。心が和みます。

その他DVDレンタルの機械も3階にあり、宿泊者は無料で借りられます。ホノルルまで来てDVDを見る、アメリカらしい感じですね。さすがにDVDは見ませんでした。小さいお子様がいる場合には、魅力があるかもしれません。

ホテルは大体こんな感じです。個人的にはシェラトンよりこちらの方をおすすめしますが、個人差の大きいところだとも思います。

それではまた。

初めに

いえーーーーーい!ハワイーーーー!!!

…とはならず、正直言ってあまり何もしていません。

初海外旅行!初ハワイ!なら、はしゃいでしまうのも自然な流れ。どこ行って、何食べてーなど、色々計画することでしょう。それは非常に健全なリアクションの1つです。実際に行動するかはともかく、私もある程度はその道をやっては来ました。

しかしながらそれでも、ワイキキですら広い。行ったことないところだらけです。多少は行動してきたので、少し紹介したいと思います。

フライト

前回にも紹介したエアアジア。旅程はGWの4/26~5/5です。(日本時間5/6に帰着)

hawaii1


乗る前の感想としては…多少チェックインに並びます。ホノルル線はオンラインチェックインが出来ません。その程度。

LCCでは普通ですが、機内では水も出ません。もちろん買うことは可能です。日本人乗務員が少ないため、外国人と話すのが怖い人は先に空港で買っててもいいかも。というのも、行きも帰りも日本人乗務員が来ない限り黙っている人が割といました。気負わなくても、普通に指で知らせれば買えます。

空港に空のペットボトルを持ち込んで、イミグレ後に水を補充するのもありです。


そして、定時に出発。

23時過ぎに出発し、昼の12時頃につきます。ここで大事なことは、行きの飛行機で寝ること。しっかり寝て空港に降り立てば、それほど時差を意識することはありません。エコノミーで寝るのは辛いですが、寝る準備はしっかりして目をつぶっていれば、実際にはあまり寝られなくても比較的大丈夫なんだそうです。


空港からホテルまで

ホノルル到着。

私たちはThe busでワイキキに向かいます。スーツケースを持ってると乗車拒否の可能性があるのでご注意を。今は値上がって1人2.75ドル。しかし1日乗り放題の1-Day Passなら5.5ドル。絶対に1回しか乗らないってことでもない限り、乗り放題券を買う方が良いと思います。ちなみに、お釣りは出ません。

乗る場合は、まず空港の2階へ上がる必要があります。そして中洲みたいなところに渡って待てばOK。この時点で、ハワイにきたって感じがしてきます。強い陽射しバンザーイ!

後は19もしくは20番のバスでwaikikiと書いてあればそれに乗り、ぼんやりしてればそのうち着きます。DaBus2という専用アプリもありますよ。

ちなみに降りる際は、ひもを引っ張ることで降りることを宣言できます。時折DaBus2かGoogle Mapsでも見ていれば乗り過ごすこともないでしょう

といっても、普通の人は連れて行ってくれるバスを予約しておくとか、タクシーなどで良いと思います。日本語の通じるチャーリーズタクシーというのもあるようです。多少旅行に慣れているなら、今は空港でもuberやlyftが使えるようです。

コートヤード・ワイキキビーチ

hnlow-guestroom-0058-hor-wide

公式の写真ですが、部屋はまさにこれ。22階くらいだった気がしますが、よく覚えていません。狭い感じでもなく、特に何の問題もありませんでした。リクエストしておいたアーリーチェックインも無事させてもらえて助かりました。

部屋にバスタブはなく、狭いシャワーがあるのみ。コートヤードですからそんなもんです。普通のアメリカのホテルだと思えばそれで大丈夫。歯ブラシも、スリッパも、バスローブもありません。言えば持ってきて貰えます。

窓から下に見えるのはプール。


IMAG0598

少しプールのデッキチェアが少ないのが残念かも。それほど混みあってはいませんが、常に余ってるという感じでもなかったです。


IMAG0610

こんな感じです。日陰になっている時間が多そうで泳ぐには少しきつそうですが、ただ寝転んでる分には十分でしょうか。


IMAG0607

入口はこんな感じ。クヒオ通りに面しています。

初日のホテルまではだいたいこんな感じ。

ホテルの対応は全体的に軽くそしてフレンドリーで、しっかりとしたサービスを受けたいんじゃ~という方には全く不向きです。しかしながらこういった気楽な感じは、個人的には割と好みでした。


hawaii2

朝のアラワイ運河。暑くて、風が吹いてて、ヤシが生えている。いい感じの南国気分を楽しめます。人が少ないので、ぼんやりするのもいい!

一応ですが人は少ないので、僅かにでも警戒心はあった方が良いと思います。何かあってもおかしくはありません。

それではまた。

hnlmc-views-0153-hor-feat

初めに

物凄く個人的な話です。4/26~5/5までのホノルル。
今後ホノルルにゴールデンウィークなどの長期休暇で行く人に、少しでも参考になれば幸いです。

今回はいくらかポイントを使っていたため、旅費合計2人で145,000円ほどです。

フライト

私は大阪在住なので、基本的には関空出発。
関空出発のホノルル行きと言えば………そう、エアアジア。

gwhnl3

LCCが嫌いとか安っぽいとかいうイメージを持ってたり、自分の上級会員が使えないから嫌などという人はさておき、やはり安いのが特徴。

上記で92,972円。1人あたり46,486円。席を指定しなければ、さらに4,000円/人くらいは安く乗れます。正直エアアジアとしては高い部類に感じますし、実際に安くはありません。GWということで仕方ねーなと思い予約しました。

ホノルル線は時間が良く、昼に着くのでイミグレーションが空いていて、しかもそのままホテルへチェックインしに行けます。

私は日本人の中では高身長の部類に入ると思いますが、中距離線ともなると席が広くなり、エアアジアでも大して狭く感じません。ただし横幅は狭いと思うので、体格の良い方には辛いかも。まあ、どうせ元々エコノミーならあまり気にするほどでもないでしょう。エコノミーで8時間は辛い、ということに違いはありません。

ちなみに予約したのは2018年3月3日。エアアジアのビッグセール&GWを含む日程の初売りです。早過ぎ!って感じですが、早く取ればこういう日程でも高すぎない金額で取れます。年末年始は3万円台だったので、年末年始にハワイに行きたい!という人は狙ってみるのも良いと思います。簡単に取れますから。ただしその時期のホテルは高い

ホテル

大勢で行くからコンドミニアム、安いし楽しいAirbnb、さらにお安いホステルなどワイキキ中心地においても選択肢が多いところ、今回はホテルです。いつもホテルですけどね。

コートヤード・ワイキキビーチ


gwhnl


BRGで5000ポイント。

そしてこのホテルは、リゾートフィーがかからないのが特徴。1日30ドル弱お得です。1泊ですが初めてなので、少し楽しみ。

ふと宿泊2週間ほど前(つまりは4/12頃)にホテルの値段を調べてみたのですが、130ドル(+Tax)まで下がっていました。キャンセル可な予約を持ってる人は取り直しも可能なので、予定が近づいてきたら調べてみるのも良さそうです。値段が下がってくることも往々にあります。

現地時間で2日前に確認したところ、一応チタン会員のためか、ゲストルームのツインの部屋にアップグレードされていました。
ちなみにラウンジはありません。プラチナ以上でも朝食は付いてきません。(10USDの飲食クレジットは選択可能)

hnlow-guestroom-0058-hor-wide

これが公式サイトにある部屋の写真。
電子レンジやコーヒーメーカーもあって、日本人的には悪くない気がします。

ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

日本人には好評とは言えないホテル。むしろアランチーノのあるホテルくらいの認識?

クラブラウンジはありません。ワイキキの東の果てのため、買い物には非常に不便な立地です。以前はプラチナ以上へも朝食を付けていませんでしたが、ボンヴォイになって朝食が付くはずです。ただしワイキキを満喫したい人には、朝食は不要かもしれませんね。

ここに宿泊するのは2回目ですが、前回の印象では割といい感じのホテルでした。プールで転がってるのも悪くないし、海自体はそれほどじゃないけど、混んでないから入ることもできる。カピオラニ公園も近い。買い物に興味がない人、ワイキキ中をうろうろしない人にはそこそこおすすめです。

すぐ近くにコインランドリーがあるのも嬉しいところ。ホテルの敷地内ではないので、ぼったくりプライスでもありません。

ホテルから宿泊前のメールが飛んできました。7日も宿泊するくせに、アップグレードを希望!などと厚かましいことを言ってみました。どうなるかは知りませんが、期待はしていません。オーシャンビューくらいは空いてるでしょうか。何かの記念日?などとアップグレードできるよ的呼び水かもしれないものもありましたが、何もないので正直に回答しました。


gwhnl2


旧トラベルパッケージの宿泊部分で7泊。リゾートフィーはかかるので、宿泊費は約300ドルです。

ちなみにワイキキ周辺だと、リッツカールトンとシェラトンが同じカテゴリーで7というわけのわからないことになっています。リッツカールトンは来年には8になるかもしれません。検討している方はポイントを確保していた方がいいかも。

周辺のマリオット系列

シェラトンはプールに良さがあるので、小さい子供がいるなら一番選びたくなるホテルです。ただし雰囲気や設備はパッとしません。リゾートらしさは完全に欠如しています。しかし日本語環境には圧倒的に優れ、日本語カウンターなども完備しています。ローソンすらあります。ちなみにクラブラウンジはしょぼい上にJTBか何かで入れる人が多く、非常にうるさいです。これはワイキキ全体に言えます。

シェラトンのプールが使えるロイヤルハワイアンも選択肢に入るでしょう。シェラトンに比べ、雰囲気はかなり良いです。クラシカルな部屋を楽しめるならオススメ。ホテル散策が楽しめます。庭も良い雰囲気で、あのあたりでは随一かもしれません。

同じくクラシカルな部屋を楽しむならモアナサーフライダーも良いと思います。目に見えて子供が少なくなり、落ち着きもあります。こちらもホテル散策が楽しめます。クラブラウンジは1階にあって外を楽しむには絶好です。内容はアメリカンスタンダードです。(トイレじゃないよ)

お安くということであれば、プリンセスカイウラニ。設備面でぼろい感じですが、基本的に出歩いているというのであれば、必要十分。非常に狭いですが、プール周辺の雰囲気も悪くないし、モアナサーフライダーの向かいなので、立地も上々です。

レイロウも良さそうですが、値段の割にプールエリアが狭そうで食指が動かなかったです。リッツカールトンは高いので興味がわきません。

最後に

ホノルルはやはり清潔感があり、道は綺麗で、日本の延長上にあるような居心地の良さが売りですね。なんでもあるので、ファミリーレストランよろしく、ファミリーには特におすすめのように思っています。

次の更新は5月7日頃を予定です。
それではまた。

↑このページのトップヘ