予算が気になるトラベラー

コスパが気になるお年頃。

カテゴリ:航空会社 > セール・プロモーション

01_hero_bg_desktop

概要

ユナイテッド航空では、ホテルポイントからマイルへ移行した場合に、30%分のボーナスマイルを付けるキャンペーン中です。期間は11月30日まで。



ラディソンのみ50%ボーナスが設定されています。しかし恐らく大抵の人は、マリオットからのみを考えればいいでしょう。

元々ユナイテッドとマリオットとで提携を結んでおり、マイルへの移行時に10%のボーナスが付きます。そのため、マリオットポイントが60,000ポイントを移行すると、ユナイテッドのマイルが35,750マイルになります。
(25000*1.1*1.3=35750)

また現在マリオットではバイポイントセールを開催中で100,000ポイントまで買うことが可能。(ただしマリオットの会員になってから多少の日数が経過しないとポイントを購入できません。)

(topcashback経由だと、points.com利用で2.5%キャッシュバックがあります)

つまりは間接的にユナイテッドのマイルを買うことができるというわけですね。元々ユナイテッドのマイルは販売されていますが、ユナイテッドのセール中よりもこちらの方が安価になります。


マリオット60,000ポイントは525ドルです。それが35,750マイルになるのだから、1マイルあたり1.47セントで1.6円くらいですね。

考察みたいなもの

1マイル1.6円で買いか!?と言うと、買い!とは言えません。

買うべきパターンとしては、

1. 例えば大阪-沖縄にANAに乗って安価に行きたい

ユナイテッドのマイルは、利用時の必要マイルが変動制になりました。他社特典航空券においてはまだ何とも言えないところですが、現状大阪-沖縄は片道5000マイルで乗ることができます。

つまりは片道約8000円で沖縄に行くことができます。これを安いと思うか高いと思うかは個人差の大きいところでしょう。個人的にはギリギリといったところ。特典航空券の空きが比較的少ない沖縄線のため、乗りたい便に乗りづらいのが大きな欠点かもしれません。


2. ミクロネシアでユナイテッドに乗りたい

グアムも含めミクロネシア路線では、旅客の大きなウェイトを占めるのがユナイテッド。そのためか、航空券を買おうとするとかなり高い設定になっています。

しかしマイルで乗れれば、そんなことは関係なし。とってもお得にグアムからサイパンやロタなどの周辺の島々に行くことができます。

全ての便に乗れるようでもなさそうなので、予めあたりを付けておいたほうが良さそうです。また先ほども書きましたが必要マイルが変動制になったため、実際にどれほどのマイルが必要かを確認しておくべきでしょう。


3. エクスカーショニストパークを使いたい

マニアな人は得できる…中級者以上向けです。お好きにどうぞ。


4. 遠回りしてでもたくさん飛行機に乗りたい

例えば、東京から沖縄経由で鹿児島。5000マイルで乗れます。東京から沖縄へは8000マイル必要ですが、沖縄経由鹿児島行きとすれば5000マイルです。意味もなく沖縄へ寄れる…初めから鹿児島に行けば楽だと思いますが、飛行機好きの方におススメです。

最後に

まだ国際線のスイートスポットは微妙に残っているはずですが、11月からの変動制でどうなってるんでしょう?使う予定がないので、確認していません

何にしても、ユナイテッドから直接購入するよりも確実に安いです。欲しい人はチャンスでしょう。

それではまた。

Rocketmiles_newsImage_190919


こちらからロケットマイルズで予約することで、エーゲ航空のマイルが3000マイル追加で貰えるキャンペーンを実施中。(もしエーゲ航空の上級会員なら4000マイルになります)

エーゲ航空は必要マイルが少なめのため、結構大きいキャンペーンではないでしょうか。例えば21,000マイルで、日本と東南アジア間の片道分ビジネスに乗れます。


Rocketmiles_newsImage2

例えば大阪。ドーミーイン北浜だと10,970円で3500マイル。還元率が10%とか20%とかいうレベルではありませんね。LINEのキャンペーンなどは霞んで見えます。

その下の相鉄フレッサインは適用外のようで、安いホテルではこういったところが見られます。


英語だしエーゲ航空だしと、あらゆる意味で人気のなさそうなキャンペーンですが、使える方にはとってもお得なものになるでしょう。わかる人だけで楽しめば十分かもしれません。

それではまた。

デルタでは特典航空券を使う際の必要マイルが変動制となっていますが、なかなかにお得なタイミングがあるようです。

例えばTYO-SFO(東京-サンフランシスコ)で、往路2/18、復路2/25の便で検索すると…。

deltaflashsale


30,000マイルのところが5か所ほど見られます。そしてアメリカ系の良いところは諸税の安さ。6,650円は本当に嬉しいですよね。日系だと数万円かかりますから。

特にSFOで固定されているわけはなく、デンバー(DEN)やら何やらで西海岸は対象の地区も多い模様。東側のワシントンD.C.(IAD/DCA)やらニューヨーク(JFK)だと4万マイルになるようです。


deltaflashsale2

進めてみると、この通り。シアトル乗り継ぎですね。その他にも多数の選択肢が出てきます。


deltaflashsale3

帰りはロスアンゼルス乗り継ぎを選んでみました。そこから羽田行きです。



さて。デルタのマイルをお持ちでしょうか?

日本500をちまちま送ってると、3万マイルくらい貯まってる人もいるかもしれませんね。実際にそれほど高いハードルではありません。

もしくはマリオットのセールで10万ポイント…まで買わなくても、75,000ポイント買うと3万マイルに換えることができます。ただし75,000ポイント全部買ってマイルへ移行…ともなると、お得とは言えないですね。その他にアメックスのポイントからも移行できるので、デルタのマイルの取得についてはルートが多い方でしょう。

スカイチームのために(?)デルタアメックスを持っていれば、サインアップボーナスなどもあるので多少マイルが貯まってるかもしれません。

使い道の難しいとされている気がするデルタのマイルですが、有効期限がないのをいいことに貯めっぱなしの人もいるんじゃないでしょうか。今回はその使い道の1つのような気がします。

それではまた。

bgs-aadv-banner-08022017

アメリカン航空で、セールをやっています。

期間は9/30まで。150000マイル未満での購入の場合は、値引きがありません。

購入マイル 値引き
15,000-29,000 15%
30,000-49,000 20%
50,000-74,000
25%
75,000-99,000
30%
100,000-150,000 35%

ちなみに、アメリカン航空はポータルによるキャッシュバック等がないようです。

aabuymiles

aabuymiles2

というわけで150,000マイル買うと、USD3,116.43。Googleでは334,597円と出るので、1マイル2.23円です。最大量買う場合では、AAでのバイマイルと考えると、少し高い部類に入ります。

通常は少量だけ買うとかなり高くなりますが、人によっては買いやすいかもしれません。


以前に紹介した特典航空券は、ソウルからアブダビまでファーストクラスに乗って、片道50000マイル。

普通に使いやすいものとしては、JALでニューヨークまでビジネスクラスで60000マイル。割と人気の使い道のようです。

その他にも中東や北アフリカなど、日本や周辺国からエティハド航空やカタール航空に乗って50000マイル程度で行ける路線が多いです。

取れるかどうかは別として、アジア圏でもキャセイパシフィック航空で、日本から東南アジア(主にバンコクでしょうか)までF乗り継ぎなんてのも可能だと思います。

ただしアカウントを作って30日はバイマイルができません。つまりは今アカウントを持ってない人は参加できないので、次の機会を待つ必要があります。

それではまた。

finnair748x220_points

日本から最も近いヨーロッパ(ロシア除く)として、日本便を積極的に飛ばしているフィンエアー。値段はそこそこしますが利用者は結構多い感じがします。片道約10時間ということで、ひとまずトランジットで体を休められますし、フィンランドのヘルシンキ自体が日本人にはそれなりに人気の都市です。

そんなフィンエアーがマイルのセールをしています。

ポイントが最大40%割引に

行ったことのない美しい目的地への旅を夢見ている方に嬉しいお知らせです。ただ今、フィンエアープラスポイントを最大40%オフでご購入いただけます。次のフライト特典に一歩近づくことができるチャンスです。2019年9月16日までに当オファーをぜひご利用ください。

  • ご購入ポイント1,000~4,000=割引なし
  • ご購入ポイント5,000~29,000=10%割引
  • ご購入ポイント30,000~59,000=20%割引
  • ご購入ポイント60,000~99,000=30%割引
  • ご購入ポイント100,000~120,000=40%割引

最大単価約0.9円/マイル。

最大100%ボーナス、つまり50%割引に相当するセールがあるので、今回は最もお得なセールではありません。

また、純粋にフィンエアーのマイルが使いやすいか、と言われると使いにくいです。フライトで結構多くのマイルを貰える分、使う際の必要なマイル数は多く、他のポイントから交換したりこうやったバイマイルするのがあまりお得ではありません。

使い道はとてもニッチで、フィンエアーでのアップグレードは比較的少ないマイルでアップグレードできる、というところです。

ヨーロッパなら、片道約9,000円でビジネスクラスにできます。ヨーロッパ内なので席はアレなんですが、付属してくるサービスも含めると悪くなさそうです。

日本からも片道45,000円でビジネスクラスを事前に確定できるのであれば、それほど悪いわけではありません。むしろ安いと言えるかも。ビジネスクラスの現金での入札もあるので、どちらが得かは必ずしも言えないわけですが、マイルを目的に乗らないのであれば、色々検討の余地があるのは面白いところですね。

とてもコンセプトがはっきりしている航空会社なので、フィンランドもしくは北欧的なものが好きな人なら、是非おすすめです。

それではまた。

KF-PromoDesktop10

という感じのプロモーションをやっています。このプロモは概ね毎月行われています。

今回の予約期間は8月末まで。

例えばフライングブルー(エールフランス・KLM)のプロモのように、本来よりも少ないマイル数で特典航空券に出来るというプロモ。ただしやはり元々必要なマイル数が大きいので、ようやくいい感じと思えるところです。

今回の日本路線も、シンガポール と 東京、大阪、名古屋、福岡の4空港の間で、エコノミーで片道17,500マイル。ビジネスで片道32,900マイルです。

なかなかのものです。アライアンスはスターアライアンスのため、日本における同じアライアンスはANAですが、比較してもそれほど違わないくらいには優秀。東京在住の人にはそれほどの魅力も感じられないかもしれませんが、他3空港の利用者にとって直行便というのは非常に魅力的なアプローチでしょう。

しかも片道でも往復でも選べるのはさらにいいところ。ANAのマイレージは優秀ですが、往復(orオープンジョー)でしか取れないのが最大の欠点。そして元々他社への開放には厳しいイメージのあるシンガポール航空。ANAのマイルから、希望するシンガポール航空のビジネスクラスフライトへ交換するのは、比較的困難です。

しかしながら日本在住だと、出張族もしくはPPSクラブ(超上級会員)でも目指すのでない限り、シンガポール航空のマイルをたくさん持っている人はあまりいないでしょう。すると移行になりますが、実質的にアメックスかマリオットくらいしか思い当たらないのが残念なところ。それでも交換のしがいがある気はします。

必要マイル数はANAとほぼ同じのため、シンガポールへ行くのならなかなか有効な使い道のように思えます。シンガポール以外へ行く場合には、別の移行先の方が良いかもしれませんね。

それではまた。

Step1_944x250

ユナイテッド航空のマイレージプラスでは、最大85%ボーナスのセールをやっています。8月28日の13時59分(日本時間)まで。こちらは日本語で表示可。

最大100%ボーナスのセールが行われることもあります。75%だったりいろいろありますが、今回は85%。急いでいる方以外は今回はスルーで良いでしょう。見合ってると思えばもちろん買っても良いです。
3,000~29,000マイルのご購入 | 40%のボーナスを獲得
30,000~94,000マイルのご購入 | 85%のボーナスを獲得
例えば30000マイル買うと、25500マイル付いてきて、計55500マイル。税金もかかり、計128,352円。単価は2.31円。請求金額が日本円のようなので、クレジットカードへの最大2%程度の手数料や為替手数料(スプレッド)を払わなくてもいいようです。

例えば大阪からであれば、那覇まで片道5000マイル。往復すると1人23,126円+諸税となります。安くもないですが、高くもないでしょう。

こちらはpoints.comを利用していますので、topcashbackで2.5%のキャッシュバックが受けられます。

uamileageplus2


少なくとも、ユナイテッド航空のために使いたい場合、2019年11月15日からは必要マイルが変動制となります。つまり普通に考えれば、必要マイルが増えることでしょう。提携航空会社(ANAとか)についても増減するとの見解が発表されていますが、現状ではまだ固定制のように見えます。

良い部分としては、直前発券手数料がなくなります。これまでは21日以内の発券の場合だと最大75ドル必要でしたが、2019年11月15日以降はそれが0になるということです。

それではまた。

※本当はヒルトンのプロモーションの記事にしたかったのですが、確認してみると当該プロモーションページが消えているので、没になりました…。

a3uptofifty

a3uptofifty2

エーゲ航空(A3)のマイレージでは現在マイルのセールが行われています。50%ボーナス。8/8まで。前回よりいい条件になりました。2000マイル以上購入時に50%のマイルが付きます。


日本からの使い方では、アジア圏へのフライトが使いやすいでしょう。

21,000マイルあると、極東地域においてスターアライアンスのビジネスクラスが片道乗れます。その極東地域(FAR EAST)ってのは以下の国々を指しています。
China, Hong Kong, Japan, Macau, Mongolia, North Korea, South Korea, Taiwan, Brunei, Cambodia, East Timor, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Philippines, Singapore, Thailand, Vietnam
Countries included in each region | Miles+Bonus

東南アジアと東アジアと足した感じでしょうか。興味深い国も幾らか含まれています。

42,000マイルで1往復もしくは2人片道でビジネスクラスに乗ることができます。買うとちょうど700ユーロ。円高のタイミングですが、84,000円くらい。1マイル約2円。往復1人で84,000円。片道1人で42,000円。チケットを買うよりは幾分安いでしょう。実際に必要なマイルは以下から確認できます。

罠もあります。エーゲ航空の特典はマイルを持ってないと検索の詳細が見られません。そして、あるはずのものが見えなかったりします。つまり買わないと確認できないが、買ったにもかかわらず目当てのものがないということがあり得ます。一応ご注意ください

過去には100%ボーナスというのもありました。また通常最大30,000マイルまでしか買えません。つまり今回買ってしまうと、もし残り5か月の間に100%ボーナスのセールが来ても買うことができません。悩ましいところですね?(昨年に何らかの利用があれば50,000マイルまで買えます)

マイレージ利用が少なくなるキャンペーンをやることもありますが、基本は自社便が対象。ギリシャに行くなら是非。

それではまた。

初めに

時折取り上げているフライングブルー。エールフランス&KLM連合のマイレージです。

JALとANAに関心の強い方にとっては今一つ興味を持ちづらいかもしれませんが、日本発着便を持っているという意味ではまだそれなりに使いやすい部分があります。日本に就航してない上に馴染みの薄い、例えばLATAMだのアビアンカだの言ってもやはりピンと来ないというか、さらにイメージが持ちづらい気がします。

買う方

まずはバイマイル。いわゆるミステリーボーナスタイプで、人によってボーナスが違います。

fbsale

私は60%でした。最大75%だそうです。

実は少しだけマイルが足りないので、買いたいなという気分はあります。しかし欲しいのは4000マイルほど。6400マイルを110ユーロで買うのは気が進みません。残念ながら、どこかから移行してくる必要があるようです。(乗るという選択肢はどこへ)

使う方

マイル利用時のディスカウント。毎月1日に発表されます。

日本在住者にとっては、どうにも美味しくない内容です。中東が多いですね。日本線でも、たまにディスカウントの対象になります。ビジネスクラス50%オフとか。近隣では台湾が比較的選ばれやすいしれません。

終わりに

買う方と使う方が重なっているこのタイミングで、いい路線があればよかったんですが…かすりもしません。残念。

それではまた。

alaskapromo
(50%じゃなかった人の画像)

アラスカ航空のマイレージプランで、バイマイル時に最大50%のボーナスが付くセールを行っています。

8月30日(PST, -0800)まで。人によってボーナスが違うので、詳細は自分のアカウントを入れてチェック!

しかし期間が長いですね。アメリカ系はマイルを売って儲けているのがよくわかります

使い方としては、キャセイでならビジネスクラスでのヨーロッパもアメリカも格安、もしくはJALビジネスクラスで日本をストップオーバーするアジア2区間、その他にもアメリカと日本間などで非常に使えるマイレージです。

JALに乗るなら、主に羽田・成田を使える人にオススメ。ただし以前に比べて特典航空券が取りづらくなりました。主にJALの必要マイル数変動制の採用が原因のようです。

例を出すなら、クアラルンプール-東京-バンコクをJALのビジネスクラスで25000マイル。別々の旅程での帰りと行きに使えます。正直、アホみたいに得です。この変則的な往復が使いづらい場合には、片道でも十分で問題はありません。

シアトルでもロスアンゼルスでもシカゴでもお好きなアメリカ-東京-お好きな東南アジアをJALのビジネスクラスで65000マイル。これも上記と同じ条件で2旅程に分けられます。破格です。

キャセイに乗ってのアメリカ方面なら、関西も良い条件です。ヨーロッパ方面は香港発のため、日本から香港の足を別に取らなくてはなりません。また関西からJAL運航の便は、上海、台湾、バンコクしかなく、時間帯も良くありません。

実際に購入するサイトはPoints.comなので、TopCashbackを経由して買うと2.5%のキャッシュバックが見込めます。

alaska

それではまた。

↑このページのトップヘ