予算が気になるトラベラー

コスパが気になるお年頃。

カテゴリ: 航空会社

KF-PromoDesktop10

という感じのプロモーションをやっています。このプロモは概ね毎月行われています。

今回の予約期間は8月末まで。

例えばフライングブルー(エールフランス・KLM)のプロモのように、本来よりも少ないマイル数で特典航空券に出来るというプロモ。ただしやはり元々必要なマイル数が大きいので、ようやくいい感じと思えるところです。

今回の日本路線も、シンガポール と 東京、大阪、名古屋、福岡の4空港の間で、エコノミーで片道17,500マイル。ビジネスで片道32,900マイルです。

なかなかのものです。アライアンスはスターアライアンスのため、日本における同じアライアンスはANAですが、比較してもそれほど違わないくらいには優秀。東京在住の人にはそれほどの魅力も感じられないかもしれませんが、他3空港の利用者にとって直行便というのは非常に魅力的なアプローチでしょう。

しかも片道でも往復でも選べるのはさらにいいところ。ANAのマイレージは優秀ですが、往復(orオープンジョー)でしか取れないのが最大の欠点。そして元々他社への開放には厳しいイメージのあるシンガポール航空。ANAのマイルから、希望するシンガポール航空のビジネスクラスフライトへ交換するのは、比較的困難です。

しかしながら日本在住だと、出張族もしくはPPSクラブ(超上級会員)でも目指すのでない限り、シンガポール航空のマイルをたくさん持っている人はあまりいないでしょう。すると移行になりますが、実質的にアメックスかマリオットくらいしか思い当たらないのが残念なところ。それでも交換のしがいがある気はします。

必要マイル数はANAとほぼ同じのため、シンガポールへ行くのならなかなか有効な使い道のように思えます。シンガポール以外へ行く場合には、別の移行先の方が良いかもしれませんね。

それではまた。

Step1_944x250

ユナイテッド航空のマイレージプラスでは、最大85%ボーナスのセールをやっています。8月28日の13時59分(日本時間)まで。こちらは日本語で表示可。

最大100%ボーナスのセールが行われることもあります。75%だったりいろいろありますが、今回は85%。急いでいる方以外は今回はスルーで良いでしょう。見合ってると思えばもちろん買っても良いです。
3,000~29,000マイルのご購入 | 40%のボーナスを獲得
30,000~94,000マイルのご購入 | 85%のボーナスを獲得
例えば30000マイル買うと、25500マイル付いてきて、計55500マイル。税金もかかり、計128,352円。単価は2.31円。請求金額が日本円のようなので、クレジットカードへの最大2%程度の手数料や為替手数料(スプレッド)を払わなくてもいいようです。

例えば大阪からであれば、那覇まで片道5000マイル。往復すると1人23,126円+諸税となります。安くもないですが、高くもないでしょう。

こちらはpoints.comを利用していますので、topcashbackで2.5%のキャッシュバックが受けられます。

uamileageplus2


少なくとも、ユナイテッド航空のために使いたい場合、2019年11月15日からは必要マイルが変動制となります。つまり普通に考えれば、必要マイルが増えることでしょう。提携航空会社(ANAとか)についても増減するとの見解が発表されていますが、現状ではまだ固定制のように見えます。

良い部分としては、直前発券手数料がなくなります。これまでは21日以内の発券の場合だと最大75ドル必要でしたが、2019年11月15日以降はそれが0になるということです。

それではまた。

※本当はヒルトンのプロモーションの記事にしたかったのですが、確認してみると当該プロモーションページが消えているので、没になりました…。

一部では有名な、アラスカ航空のマイルを使ったヘンテコな旅程。国内では南方の島々を巡るようなことができますね。そこまでのインパクトはありませんが、暇なら安く乗れる旅程を1つ。

okabkkcts

・[10/2] OKA 7:25 - HND 9:40
・[10/3] HND 0:40 - BKK 5:00
・[10/4] BKK 0:25 - NGO 8:15
・[10/4] NGO 11:20 - CTS 13:00
(OKA: 那覇, HND: 羽田, BKK: バンコク, NGO: 名古屋, CTS: 札幌)

という旅程です。これで合計15,000マイル+USD73。バンコクに19時間くらいはいられますね!まるで修行僧のようなキツイ旅程ですが、まあ安いです

東京にいる時間を減らせば、2日のプランも組めます。そしてこちらは4フライトですが、5フライト版などもあります。ただ国内線が増えるだけですが…。

okabkkcts2

日によってはこのようにビジネスも空きがあるでしょうから、25,000マイルでJALのビジネスに2本乗れたり。

というわけで、アラスカマイルによるJALの発券はかなりの部分がふさがれましたが、まだこういう遊びはできるようです。他にも色々あるはずなので、探してみるのも面白いかも?

それではまた。

garudaindonesia

タイトルの通りですが、ガルーダインドネシア航空が10社弱の競合する航空会社の上級会員から、ステータスマッチを受け付けているようです。



ここでいうステータスマッチとは、他社上級会員に対し、うちでも上級会員にするから使ってくださいよというもの。つまりはガルーダインドネシアに乗ってほしいから、上級会員にしてくれるということです。

対象の会社は、
  • JAL
  • ANA
  • Singapore Airlines
  • Thai Airways
  • Qantas
  • Cathay Pacific
  • Lufthansa
  • Malaysian Airlines
の8社。

先ほどのページ13番に"Tier Matching Order Form"というのがあるので、そこから申し込むことが可能のようです。上級会員と言っても、JGCやSFCは恐らく対象外。ちゃんと乗って維持されているプラチナやダイアモンドといったものが恐らくは対象です。(JGCやSFCは日本特有のルールのため、確認しないとわかりません)

JALやANA以外には乗らない人には全く意味がありませんが、スカイチームの上級会員になると、ガルーダインドネシア以外にもデルタ航空、ベトナム航空、大韓航空、チャイナエアライン(台湾)、中国東方航空、エールフランス、KLM、アリタリア航空、アエロフロートなど多数の日本発着便で現在のような上級会員サービスを受けられます。

乗る予定がある人は如何でしょうか。

それではまた。

baavios45pct2

ブリティッシュエアウェイズにて、Aviosの45%ボーナスセールを行っています。8/18まで。

baavios45pct

290,000Avios が USD 5,523。1 Aviosあたり、日本円で約2.02円となります。(by Google)
上記に加えクレジットカードの手数料などがかかります。(1.6~2%程度、為替レートも微妙に異なります)

前回は50%ボーナスなので、少しボーナスが減りました。しかし直近と比較した場合でも、少し円高傾向なので、Avios単価はほぼ同じです。

買える量が多いのと、グルーポンのように時間がかからないため、それを求める人には良いかもしれません。

JAL国内線だと片道6,000マイルの区間の場合、12,000円を超える程度で乗ることができます。それを高いとみるか安いとみるかによって、価値は異なってくるでしょう。またマイルでは、必ずしも目的の便に乗れるわけではありません。そして搭乗マイルも貰えません。

必要に応じてご検討ください、と言ったところでしょうか。
それではまた。

2014-03-13-MALAYSIA-AIRLINES
(reuter)

どうでもいいような、そんなこともないような、微妙な話。

9月1日からASEAN域内で約210円(RM8)、域外で約510円(RM20)の出国税が課されます。どういう目的なのかなどニュースを追っていませんが、国にお金がないようなので、財源の1つということでしょうか。マレーシアでは昨年消費税を廃止し、別の税制になったりしています(GST→SST)。

そしてビジネスクラス以上では金額が上がる(RM50, RM150)ので、金持ちからはふんだくるんだという、ロンドン・ヒースロー空港のような話です。ただしヒースローはとにかく混雑している空港で、金を取っても取っても人が来るんだからまあいいじゃないかという気になります。

しかしながらマレーシア最大規模のクアラルンプール国際空港がそれほど混んでいることはありません。もっと広げられるように作られつつも、それほどまだ広げる必要がない程度です。まあこの程度では利用客も減らないだろうということでしょうね。

一応、陸路や海路は税金を取らないとのこと。だからと言って日本人なら、わざわざジョホールバルからシンガポールに抜けようとかアホなことを考える人は普通いないでしょう。

結局のところ私たちがチケットを買う場合、税金分は購入時に含まれています。だからそれほど意識することもないのですが、最終金額を見ると、じわっと程度には高いかな?と感じることでしょう。日本の出国税(1000円)もじわっと程度には感じますから。

もしマレーシアへ空路で行く予定のある人は、特にビジネスクラス以上であれば、8月中に発券しておくのが良いかもしれません。4000円程度ですが、確実に上乗せされます。

それではまた。

9tyk3jpq

公式よりIHGを予約し宿泊すると、IHGのリワーズクラブクラブのポイントが貰えます。普通ですね。

それ自体は悪いポイントではありませんが、マイルに交換させる気はない代物。どうしてもマイルが欲しい人には、ポイントではなくマイルを貰うという選択肢があります。

その選択肢の中では、ANAへのマイル加算は常に500マイルでした。ところが8/1より金額ベースに。

1ドル使うと最大3マイルになりました。最大といっても殆どの日本人には、3マイルで固定と考えてもいいところでしょう。(1ドル1マイルのホテルは、Staybridge Suites®, Candlewood Suites® and The Venetian | Palazzo Las Vegas hotelsとのことです)

つまりはたくさんお金を使う宿泊をする人には、より還元が大きくなるということです。人によっては、意外とバカにできない還元になったかもしれません。逆に1泊1万円+税程度で宿泊していたのなら、500マイルから300マイルへ減ることになりますね

上級会員だとボーナスポイントの影響により、マイルではなくポイントの方がお得になるケースが多いので、そのあたりも検討する必要があります。

最後に、別府に出来た「ANAインターコンチネンタル別府 リゾート&スパ」は2倍のボーナスキャンペーンをしているようです。気が向けば如何でしょうか。

それではまた。

a3uptofifty

a3uptofifty2

エーゲ航空(A3)のマイレージでは現在マイルのセールが行われています。50%ボーナス。8/8まで。前回よりいい条件になりました。2000マイル以上購入時に50%のマイルが付きます。


日本からの使い方では、アジア圏へのフライトが使いやすいでしょう。

21,000マイルあると、極東地域においてスターアライアンスのビジネスクラスが片道乗れます。その極東地域(FAR EAST)ってのは以下の国々を指しています。
China, Hong Kong, Japan, Macau, Mongolia, North Korea, South Korea, Taiwan, Brunei, Cambodia, East Timor, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Philippines, Singapore, Thailand, Vietnam
Countries included in each region | Miles+Bonus

東南アジアと東アジアと足した感じでしょうか。興味深い国も幾らか含まれています。

42,000マイルで1往復もしくは2人片道でビジネスクラスに乗ることができます。買うとちょうど700ユーロ。円高のタイミングですが、84,000円くらい。1マイル約2円。往復1人で84,000円。片道1人で42,000円。チケットを買うよりは幾分安いでしょう。実際に必要なマイルは以下から確認できます。

罠もあります。エーゲ航空の特典はマイルを持ってないと検索の詳細が見られません。そして、あるはずのものが見えなかったりします。つまり買わないと確認できないが、買ったにもかかわらず目当てのものがないということがあり得ます。一応ご注意ください

過去には100%ボーナスというのもありました。また通常最大30,000マイルまでしか買えません。つまり今回買ってしまうと、もし残り5か月の間に100%ボーナスのセールが来ても買うことができません。悩ましいところですね?(昨年に何らかの利用があれば50,000マイルまで買えます)

マイレージ利用が少なくなるキャンペーンをやることもありますが、基本は自社便が対象。ギリシャに行くなら是非。

それではまた。

初めに

時折取り上げているフライングブルー。エールフランス&KLM連合のマイレージです。

JALとANAに関心の強い方にとっては今一つ興味を持ちづらいかもしれませんが、日本発着便を持っているという意味ではまだそれなりに使いやすい部分があります。日本に就航してない上に馴染みの薄い、例えばLATAMだのアビアンカだの言ってもやはりピンと来ないというか、さらにイメージが持ちづらい気がします。

買う方

まずはバイマイル。いわゆるミステリーボーナスタイプで、人によってボーナスが違います。

fbsale

私は60%でした。最大75%だそうです。

実は少しだけマイルが足りないので、買いたいなという気分はあります。しかし欲しいのは4000マイルほど。6400マイルを110ユーロで買うのは気が進みません。残念ながら、どこかから移行してくる必要があるようです。(乗るという選択肢はどこへ)

使う方

マイル利用時のディスカウント。毎月1日に発表されます。

日本在住者にとっては、どうにも美味しくない内容です。中東が多いですね。日本線でも、たまにディスカウントの対象になります。ビジネスクラス50%オフとか。近隣では台湾が比較的選ばれやすいしれません。

終わりに

買う方と使う方が重なっているこのタイミングで、いい路線があればよかったんですが…かすりもしません。残念。

それではまた。

vvo

成田-ウラジオストク。JALもANAも似たようなタイミングでの新路線発表になりました。




最近ようやく違うことをしだしたかなー?なんて思ってたらこれ。保守的な国の保護されている業界ですから、とにかく保守的です。路線開始日も似たようなものですが、そこはまあ仕方のないところ。

それはさておき、最近人気の路線です。私も少し前にAvios(BAマイル)でS7に乗りウラジオストクに行こうみたいな記事を書きましたが、以前はお得な路線でした。今はそれほどでもありませんが、チケットを買うよりはお得なこともまだまだあるようです。マイルを使いたい人は各社をチェックしておくといい気がします。

ロシア入国には本来Visaが必要ですが、極東に限りe-Visaをウェブから申請することが可能で、とても気楽に行けるのがいいところ。比較的情勢が安定しているように思えるウラジオストクで、治安もそれなりに良いようです。特に女性に人気が高いとのこと…そもそも旅行は女性に人気ですけれど。そして3時間程度で行けるのも、大きな魅力の1つでしょう。

しかしこの路線、私は全く無知なのですが、ビジネス要素ってどれくらいあるんでしょう?ホノルル路線と同じように観光メインなのだとしたら、当たり前ですが結構きついように思います。ホノルルは別格ですが、それでもANAのA380は無茶だと言われているわけで。今はまだ稼働したてのため、搭乗率も悪くないのでしょうか?今後に注目したいところです。

そして個人的には魅力を感じつつも足が向かわないのも事実。文化に馴染みがなく、私自身がインスタ映えなどとも縁遠いため、訪れたい契機が見つかりません。それでも2泊3日程度でプラっと行けるのなら街歩きも良いかなという気がしてきます。関空線はS7航空による僅か週2便ですが、拡充されると嬉しいな。

それではまた。

↑このページのトップヘ