予算が気になるトラベラー

コスパが気になるお年頃。

カテゴリ: ホテル

mbsharepoints

約3ヵ月前、家族間でポイントを移しました。

そのメールが今更届きました。なんじゃこれ。何を目的としたものなのかさっぱりわかりません。メール機能がようやく有効になったんじゃないかとか、憶測みたいなものは見られます。実際にやりましたし、フィッシングメールの類ではなさそう。

結局のところ、確認以上の意味合いはなさそうです。



と思ったら、翌日にメールが来ました。


mbsharepoints2
過去1年の間に交換した人へ送っちゃったようで、ポイントは以前付与してるからもう増えないよとのこと。

やはり意味はなさそうでした。

それではまた。

marriottchange

初めに

公式発表が出ました。

日本語で見るなら、ここ…なんでしょうか?ちょっとだけ触れられています。

9月14日より、ピーク・オフピークの設定がされるようです。
フリーナイトアワード (マリオットの公式ウェブサイト。必要ポイントが掲載されています。)

箇条書きに

・ピークとオフピークは大体均等になるよう配分され、そもそも割合としては小さくなる模様。つまり殆どのタイミングはどっちでもないということです。(スタンダード)

・その配分方法は自動とのこと。金額とある程度連動するということでしょうね。最近の飛行機のマイレージシステムに一歩近づいたような感じです。

・もちろんホテルごとにその日付は異なります。しかしホテル単位だけではなく、マリオットグループ全体でそのバランスを計算するそうです。要はポイントの価値を下げようということに見えます。ポイントやマイルというものは貯めてないで早く使いましょう。

・ピーク・オフピークの設定は、1ヵ月に1回、再計算されるとのこと。「ポイントをたくさん持ってるから俺は金を払わないぞー!どうだ!!」みたいな人以外は、そのタイミングで見直したくなること受け合い。通常時に予約しておいたものがピークになった場合は、予約を動かさない方が良いでしょう。逆にオフピークになったのなら、一度キャンセルして取り直したいところです。

・ポイントで5日間宿泊すると1日分無料で泊まれますが、これがピーク・オフピークに含まれる場合、当然ながら最小のものが無料になります。

・SPGアメックスに付帯する無料宿泊券は最大50,000ポイントまでの部屋に1泊できますが、ピーク・オフピークにより泊まれるカテゴリが変動することになります。オフピークならカテゴリ7にも泊まれるし、ピークなら6に泊まれなくなります。

・ポイントを持ってないけど、ポイントで宿泊予約するシステム「ポイント・アドバンス」。ポイントが貯まった時点で、宿泊を確定させることができます。現在は制限がありませんが、今回の変更を受け、予約数が3つまでに制限されるようです。そして施行日以降は、予め必要ポイント数を固定することができなくなります。各タイミングで必要ポイントが変動すれば、その必要ポイントが正式なものとなってしまいます。


概ねこんな感じ。全てが完全に正しいとは言えないので、正確な内容はマリオットの公式ウェブサイトからの発表を待ってもらえると助かります

どうしたものか

ポイントを使う予約で、ポイント・アドバンスを利用するつもりなら、9月14日までに行っていた方が得ですね。

何にせよ、世界でも有数のピーク・オフピークが存在するであろう日本。国内での利用がさらに面倒になること必至…に思えます。年末年始、ゴールデンウィーク、そしてお盆。それに加え季節が拍車を掛けます。そのタイミングで行きたくなるようなホテルは大体ピークになっちゃいそうですね?

自由業だったりリタイアしてる人にとっては魅力的な変更になる…とも言えないのが何とも。年中暑い地域への旅行ならいつ行っても同じだとすれば、単純に嬉しい部分も出てくるでしょうか。

おまけ

それと忘れられがちですが、キャッシュ+ポイントというシステムにもピーク・オフピークが設定されます。
キャッシュ+ポイント (マリオットの公式ウェブサイト。必要ポイントが掲載されています。)


動画好きの人はyoutubeに公式アナウンスがアップロードされています。英語ですけど。

それではまた。

1565809977293

2滞在すると7500ポイント貰えるという太っ腹なプロモーション。正確には1滞在目で2500、2滞在目で5000、計7500ポイントです。対象期間は2019年12月31日まで。

元々は会員でも登録できましたが、今は新規ユーザーのみの対象となってしまいました。しかしアカウントを持ってないなら今から作って、しかも三井住友から出ているヒルトンカードを作っても間に合います

上級会員に興味がなく、そして家族がいるなら、家族名義のアカウントにするのもいいかも。

2. Combine your Points with up to 10 family members or friends with Points Pooling.
ポイントの使い方として、わざわざ家族のポイントと合わせることができるなんてことが目立つところに書かれているので、問題ないでしょう。友人も対象ですが…。


以前は会員でも登録できてたので確認したところ、今でも有効な様です。

hiltonmediajoin

といっても今年はIHGなどに泊まっても、ヒルトンに泊まらない予定…

ヒルトンのポイントは1ポイント=0.5円程度と、それほどポイント価値が高いわけではありませんが、予定があるなら是非登録してみてください。

それではまた。

自分宛てにメールが来てなかったので放置していたのですが、試しに登録してみたところ登録が受理されたので、恐らくは誰にでも登録ができるかなと思い、記事にしてみます。

SPG® アメリカン・エキスプレス®・カード会員限定: 2019年8月1日から10月31日までの期間中、アジア太平洋地域のMarriott Bonvoy™プログラム参加ホテルご滞在中にご利用いただいた対象となる料金に対して、最大20,000ボーナスポイントを獲得できます。

これはカテゴリー3のホテルでの無料宿泊1泊分、またはカテゴリー1のホテルでの無料宿泊2泊分との交換が可能なポイント数です。


プロモーションのご利用方法:


[1] 登録:2019年10月31日までにご登録ください。

[2] ボーナス1: 10,000ボーナスポイントを獲得。 2019年10月31日までの期間中、提携カード会員としてアジア太平洋地域のMarriott Bonvoy™プログラム参加ホテルにご滞在中に対象となる料金1,000米ドルをご利用ください。¹
[3] ボーナス2: さらに10,000ボーナスポイントを獲得。 ご滞在中、さらに対象となる料金1,000米ドルをご利用いただくと追加ボーナスポイントを獲得いただけます。

Marriott Bonvoy Redemptions (内容と違うタイトル)

書いてあるそのままですが、気を付けるとすれば「アジア太平洋地域」限定というところでしょうか。

割と曖昧なイメージのある単語に思えます。例えばハワイは太平洋地域かどうか微妙なところ。マリオットのウェブサイトを見てみた感じでは、含まれなさそうに見えます。アジアと、オーストラレーシアを含まない諸島が対象でしょうか?曖昧な地域に宿泊予定がある方は、質問しても結果は変わらないわけですが、質問してみるのも良いかもしれません。

また諸税についての記載がありません。ポイントの対象は諸税抜き部分であり、通常時はこれをいわゆる「対象となる料金」と呼びます。このキャンペーンはクレジットカードホルダーに向けてのものでありつつも、マリオット自体が行っているキャンペーンに見えます。そのため、諸税抜きで1000ドルのように見えますが、気になる場合には問い合わせた方が良さそうです。

→確認しましたが、やはり諸税は含めないとのことでした。


さて、登録すると次のような画面が出ました。(パソコン)

spgamex2019augpromo

登録できたようです。

個人的な話ですが現在のレートだと、税込で1000ドルに僅かに届かない程度が予想されますちょっと悩ましいところなので、気が向いたら電話するか滞在予定を見直す可能性があります。どうしようか…。

それではまた。

※その翌日にはメールが来ました。内容は同じですが、8/1からのキャンペーンなんだからメール遅くね!?とはちょっと思います

spgamex2019augpromo2

Park-Hyatt-Niseko-Hanazono-R001-Residences-Exterior

少し前の話ですがIHG系列で「ホテルインディゴ箱根強羅」がオープンになり、話題となりました。関東圏の人が近くで、強気の値段設定の割にポイントはそれほどでもなかったためか、安いんじゃないの?みたいな錯覚もあったように記憶しています。

次はこちら。ハイアット系列の最上級ブランドパークハイアット、「パークハイアットニセコ」。場所もブランドも日本人受けはしなさそうですが、だからこそ日本にいながら外国にいるような雰囲気を楽しめること間違いなし!

もちろん最上級ブランドの格式もあるでしょうし、ウィンタースポーツが好きなら間違いなし。そうでなくても、滞在自体を楽しめると思います。レジデンス棟も併設されているのも日本では比較的珍しいのではないでしょうか。(リッツカールトン東京とか?)

それではまた。

bpp-upscale-ihg-home-crowne-plaza-redondo-beach

IHGの一部のホテルブランドで、100%ボーナス(つまりは2倍)のポイントアップが行われています。

対象はインディゴ、クラウンプラザ、EVEN®の3種類。前2つはそれなりに数があり、泊まりやすいホテルですね。EVENってどれくらいあるんでしょうか…?その中で、ボーナスポイントを追加したプランが対象です。

予約は9/4までで、宿泊は10/4まで。このボーナスだけは、エリートステータスのためにカウントされません。いつものIHGなら大抵のボーナスポイントはカウントされるのですが5000ポイントボーナスプランでもエリートステータスのために使えるので、10泊しなくても最上級ステータスになれたり。

上級会員を目指すなら、ANA上級会員からのステータスマッチでも可能です。そもそも誰でもインターコンチネンタルアンバサダーになれ、それだけでIHGプラチナになれます。費用は200ドルなので、まさに楽勝でしょう。上級会員にそこまでしてなる理由があるかどうかは、個人次第だとは思いますが…。

日本にはインディゴは2つ、クラウンプラザはそこそこあります。国内で結構泊まる人にも、使いやすいキャンペーンでしょう。泊まる人は検討する価値ありです。

それではまた。

ヒルトングループが小粒のキャンペーンをいくつか展開しています。

hiltonhonorspromo

グローバルプロモーション。

2滞在目から、ポイント2倍。メインで泊まってるならなかなかのものです。


hiltonhonorspromo2

日本・ハワイのホテル宿泊かつヒルトン・オナーズVISAカードで1万円以上のお支払いでもれなく1,800ポイント獲得のチャンス!
これは三井住友のヒルトンカードのキャンペーン。グアムと韓国が外されて、日本とハワイだけになりました。宿泊料金が1万円を超えると1,800ポイントくれるようです。

元々ヒルトンカードで支払うと一部ホテルでボーナスポイントをくれる仕組みですが、重複するということでしょうね。合わせればなかなかのポイント還元ですが、国内とハワイだけでは微妙かもしれません。


hiltonhonorspromo3

こちらはオマケでHPCJ。

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの略。いわゆる会員権で、入会金25,000円のところ、20,000円で入れるとのこと。25%と10,000円までの割引券が付帯します。

色んなタイミングで割引をしているので、20,000円で安いということではないです。そしてどんな価格にでも25%オフできるというわけでもありません。ただし国内にそれなりに泊まるなら、得になる人もいるとは思います。


その他にもこっそりとやってるキャンペーンなどが時々あったりします。マイルが貰えるものや、ポイントがさらに貰えるものなど、気づかれないようにやってるとすら思えるほどなので、ヒルトンに泊まる人は時折検索してみるのもいいでしょう。

最近少し影が薄い気もするヒルトンですが、ホテル数も多く、他のホテルグループと被ってないところも結構あります。上級会員の価値となりやすさのバランスでは一番良いホテルグループだとも思えるので、それなりに泊まる予定のある人は、ヒルトンに寄せてみるのもいいかもしれません。その場合にはクレジットカードを作っておくこともお忘れなく。明らかにすぐ元が取れます。

それではまた。

Happy Member-versary!という名のメールが届きました。

happyanniversary


メンバーになって〇周年というお祝いです。何周年なのかも、いつ入ったのかもさっぱり記憶には残っていませんが、とりあえずお祝いのお知らせということです。

昨年は何も来ず、一昨年は宿泊日数を1つ貰いました。今年は500ポイントでした。

happyanniversary2

こういう名義です。謎ですね。

現場からは以上です。

それではまた。

endless-earnings-booking-hero1-2880x960

マリオットには隠された最上位のステータスがあるようです。名前はコバルト(エリート)真偽のほどは何とも言えないところですが、恐らくは本当なのでしょう。マリオットボンヴォイには属さない、独立したステータスのようです。

以前のマリオットにも(後に一般にも開放されましたが)プラチナプレミアや、プラチナファイブスターといった選ばれた人のみのステータスがありました。SPGならVIP会員、IHGで言うところのロイヤルアンバサダー、日本の航空会社だとJALのメタル会員のようなものですね。

というわけで、普通の人が取れるものではないことは容易に想像できます。ちなみにですが、取得方法はやはり非公開。CEOなどからのインビテーションが必要だとか、いやいや承認されればだとか、色々噂はあるようですが…。


ベネフィットについて。中クラスのホテルまでは、アップグレードが優先的に行われるとのこと。もちろん「空いてれば」という条件が付いてきます。それと可能ならホテルの偉いさん(GMかそれに近い人)が挨拶に来てくれたり、少なくとも自筆の書置きをくれるそうです。おもてなしですね。その他には、特別なアメニティが貰えたりも。

上位ホテルのベネフィットは上記に加え、なかなかに豪華なものです。例えばリッツカールトンは、ラウンジ利用権が付帯します。プラチナ以上でも付帯しないので、魅力的なベネフィットの1つと言えると思います(コバルトは、元々リッツカールトンのステータスでもあります)。その他にもレストランで良い席を確保してくれるとか、ホテルからホテル内のレストランでご飯のお誘いなどといった、色々なインビテーションがあるようです。

色々あるようですが、全般的におもてなし。個人的には、まずは英語の勉強が必要かも

その他、滞在中でも色々気を使ってもらえること間違いなし。例えば寝る際にアイマスクやエッセンシャルオイルなどを貰えたりなどと、凄く細かいことまでしてくれたりすることもあるようです。


まあ、そもそもそんなメンバーになれるわけがないので、自分には関係のない話

一つ、話のネタとして知っておくのは楽しいことかもしれません

それではまた。

bwinaugust

旅行好きというよりも陸マイラーや修行が好きな人だと、ベストウェスタン?何やそれ?という人も結構いるかもしれません。グローバルなバジェットホテルチェーンです。安いけど安定しているって感じな。そこが日本を対象にプロモーションをやります。




期間は8月いっぱい。3泊以上が条件。それでポイントを3倍くれるそうです。

国内で3泊ともなると結構難しく感じますが、沖縄に2軒あります。そしてどちらもビーチ。場所は恩納と幸喜で、値段もお手頃。その他東京や大阪周辺にも結構たくさんあります。メインなところにもあるし、微妙なところにあるのも面白みかも。東京の町田とか、大阪の塚本とか。一瞬悩みます


またベストウェスタンは、ステータスマッチを公式に受け続けているホテルグループです。



他のホテルの上級会員だと、ベストウェスタンの上級会員にしてくれる可能性があります。SPGアメックスを持っていればマリオットゴールドなので、恐らくはそれでベストウェスタンでも上級会員になれますよ。泊まらなきゃ意味はありませんが…。

ホテルのステータスはこちらから確認できます。




IHGに似ているように思えますが、インターコンチネンタルに類するブランドはなく、安価なホテルの多いところが特徴でしょうか。

人によってはとっても使いやすホテルチェーンだと思います。

それではまた。

↑このページのトップヘ