初めに

マカオ全体はとても小さいです。有名観光地だけを見るのであれば、1度の旅行で済んでしまうことでしょう。

そんなマカオ、実際はカジノ目当ての人が最も多いと思われます。現地での賑わいは物凄いですし、香港行き飛行機でも男性複数人での旅行者がそれなりにいて、カジノの話をしていました。

次にそれに勝った人たち向け、もしくはそれを目指してやってくる人もいるであろうピンク産業。大きな店が何件かはあるようですし、私には目に入りませんでしたがホテルに併設されていたりするようです。

・初めに
・マカオ半島
・コタイ
・シェアライド
・SIM
・最後に

こちらの記事は以上から成り立っています。取り留めもない記事なので、暇つぶしにでもどうぞ。気が短い人には向かないので、そういう方にはスマホゲームの方がマシかもしれません。

マカオ半島

有名なカジノであるグランドリスボアがあったり、世界遺産などはこちらにあります。


20191020_130046980

世界遺産の聖ポール天主堂跡。このようにペラペラ。そして凄い人。個人的にはこの道が清水寺の参道に見えました。

とりあえず行ってみたけど、写真を撮っただけという典型的なアレ。セドナ広場も似たような感じです。しかし行ったときには道教の人々が歌ってたりと、広場としてちゃんと使われていました。


20191020_121220774

マカオの魅力と言えばこれ。アズレージョ。タイル。これは同じものを繰り返すタイプですが、本場ポルトガルには素晴らしいものがたくさんあるようです。

しかしこれもなかなか。まあ現地では誰も見てないんですが…。


20191020_114820459

20191020_114941412

他の魅力と言えばこういうものでしょうか。日本ではなかなか見られないですね。香港でも見られますが、やはり面白いものです。


20191020_115212248

屋外にあるエスカレーター。


20191020_122950732

20191020_123145091

20191020_122454651

毛の料理。何の毛なのか、どこの毛なのか…。


沖縄や香港と同じように、マカオも猫の多い街でした。


20191020_122217284

シャッターの下から覗いていた猫を発見。近づくと…


20191020_122230468

出てきて遊んでくれました。動物と遊ぶのは楽しいですね


20191020_123319928

この子は遊べなかった子。


20191020_132246758

猫ショップ。なんだか日本にいる気分です。


20191020_122941076

インスタ映え的スポットもいくらか作っている模様。ただしこれは映えではなく、ただの廟。蚊取り線香のように渦巻いているものは、実際にお香。面白いですよね。もちろん意味はありますが、うんちく垂れるのもあれなので割愛。


20191020_132100781

こういうの。この方たちはずっとどかなかったため、私も撮影させていただきました


20191020_132047404

ちょっと遠くなってしまったけど、傘が飾ってあります。


20191020_133615604

日本人に人気の缶詰屋。Loja das Conservas Macau。お土産用でしょうか。日本語が書いてあり、日本語を話す店員がいます。その店員さんはおばあちゃんに山のように買わせていました。私たちは1枚だけ写真を撮って退散。


このように…って何の写真だかわかりませんね。つまり普通の街なんです。何があるってわけではない、それがマカオのように感じました。雰囲気を楽しむには良いところです。

コタイ

マカオ半島から南へ橋を渡ればタイパというところへ。そこから南へ下ると埋め立てて出来たコタイという地区になります。

コタイは完成からまだ20年程度。IR施設、端的に言えばカジノとホテルしかないという凄いところです。殺風景で、全てがでかい。街の魅力としてはゼロです。その殺風景さを他で見るのは難しく、そういう意味では面白いところ。

人気なのはヴェネチアンという施設。


20191021_105309978

ヴェネチアン2階。偽物の街を作り上げました

凄いです。空も偽物。これだけの偽物を作られると「やるなー」と思わせられます。


20191021_105152412

フードコートも同じ雰囲気で。店は中華を中心に、台湾や韓国料理などが混じります。イタリアンを食べようという人は多分いませんし、そもそもありません。(たぶん)


20191021_111741673

水路があります。ショッピングセンター内をこのゴンドラに乗って移動できるそうで。見える風景はただのショッピングセンターなんですが、しかしここは2階。凄まじい凝りよう。

…コタイってこういう感じ。ホテルの中を楽しむなり、カジノを楽しんでください。

シェアライド

uberやらgrabといったものはありません タクシーをどうぞ。
1度だけタクシーに乗りましたが、道を間違おうとしていたので訂正させていただきました

SIM

以前アマゾンでも買える SIM1枚で世界中を移動できる YUNYOBOという記事を書きましたが、そのSIMを再利用。

香港とマカオを7日間、2ギガまで利用可で、USD3。330円くらいです。何の文句があるでしょうか。素晴らしい。

ちなみに2ギガを使い切ると64キロになります。でもまあ繋がります。といっても、もし使い切ったのなら買い足せばいいと思います

最後に

真面目な話、見どころのある場所ではありません。テレビや旅行本にあるようなところへ行くのが基本的な移動先。コタイから南下すればコロアンというところに辿り着きますが、必ずしも行かなくてはならないというところではありません。ハワイにおけるハワイ島みたいなものかも。

やはりメインはカジノでしょう。人々も大体はそれ目当てで、どんな観光地よりも圧倒的に人が詰めかけていました。グランドリスボアなんかはどのフロアも人でいっぱい。チップを買うために並んでいました。テーブルではHKD10,000(14万円)のチップが普通に賭けられちゃってて、一般庶民としては何て言っていいものか、コメントもありません。いわゆるハイローラーと言われる人はその10倍でも普通に賭けているそうです…。

カジノに行かないのであればエッグタルトやカレーおでんを食べつつ、フルーツジュースを飲む。そしてポルトガル料理を楽しみ、世界遺産。わかりやすく、巡りやすい街だと思いました。

香港の街歩きを楽しめるのであれば、きっと楽しいです。私もそういう意味で楽しいところだと思いました。マカオから中国本土はすぐそこ。ここまで来たら、本土へ行ってみるのも良いかもしれませんね。

それではまた。