cxfirst

かなり前に書いていた記事を今ここに。

ビジネスクラス好き、ファーストクラス好きには人気のあるキャセイパシフィック。中国本土とは違う路線を歩む、香港を拠点とする航空会社です。定評のあるサービス、レベルの高いキャビンアテンダントが特徴的でしょうか。

そんなキャセイの豪華なラウンジとサービスを体験してみたい!SNSにアップして、いいねが欲しい!でもお安く!という方に選ばれるのが、香港-台北(HKG-TPE)の路線。わずか1時間45分ほどの距離しかないですが、上記のためならば何の問題もありません。Aviosを利用することで必要マイルも少なかったため、好きな人は何度も乗っていることでしょう。

それがこの度、廃止になってしまいました。対象は以下の通り。

・香港-台北
・香港-上海浦東
・香港-バンコク
・香港-シンガポール

距離が短くてサービスするのも大変だし、あまり搭乗率も良くなかったようです。乗ってるのはマイルを使った客ばかりだったかもしれません

キャセイパシフィックも財務状況が良い会社ではないため、様々な削減策を施行しており、これもその1つではないかと思われます。


また、残される路線もあります。

・香港-羽田
・香港-北京

我らが羽田線は残されるようです。すなわち、それなりにお金を払って乗ってくれる人が多いんでしょうね。どういう人が乗るのかは知りませんが

世界中でファーストクラスは削減、もしくは名前を変更して別のサービスに移行する傾向にあります。ユナイテッド航空やデルタ航空(僅かに残ってるらしいですが)、身近なアジアならマレーシア航空やアシアナ航空などですね。

基本的にお金を払って乗りたいという人はそれほどいないだろうということ、そして出張などのお仕事の面ではなかなかファーストは容認されないということなどから、ファーストというクラスが残るにしても細々とした展開になりそうです。

マイル自体の価値は日々下がっているということを実感させる、1つのお話でした。

それではまた。