予算が気になるトラベラー

コスパが気になるお年頃。


あなたの旅行の目的は何でしょうか?
たくさんあると思いますし、人や場所によっても違うでしょう。そりゃそーだ。

こちらのザ・ストーンズ・ホテルは割と滞在型です。とにかくプールがいい感じで、部屋とプールで1日過ごせます。
ただしタイミングによってはデッキは取り合い。この最高なホテル唯一の欠点かも。
しかしながらこのホテルは都市部にあるので、周辺に繰り出すことも可能です。

プールでは、写真には写ってませんが、人が2人乗れるくらいの大きなビート板っぽい浮き輪のようなものが多数ありました。
泳げない人でもぷかぷか浮かんでいられます。



プールサイドで昼間からビールを飲んでも良し、ご飯を食べても良しです。

IMAG0096
IMAG0097

値段はインドネシアルピア(IDR)で、000が省略されています。
1円=130IDRくらいでしたので、45と書かれているのは、45000IDR = 約350円です。
これに21%の諸税がかかりますが、マリオットゴールド会員なら15%の割引がされますので、見た目の値段とあまり乖離はありません。
プールでビールをだらっと飲んで350円。物価が安いって幸せですねえ。

ちなみにルームサービスはこれの1.5倍くらい。
上級会員割引も効かないということで、注文していません!悪しからず。

ハッピーアワーもありました。午後3~6時と…もう1回は忘れましたw
内容はbuy 1 get 1 freeだった気がします。

これだけやってれば1週間くらいあっという間です。
でも一応少しだけ、街歩きも楽しむことにしました。
それは次回に。

それではまた。


今週末はお仕事ではなくプライベートで東京へ行く予定です。
もちろん?飛行機で。
もちろん?往復Avios利用で。
BA修行僧の方でしたら、JALにて1000円追加のチケットをご購入とされているところでしょうか。

ホテルはモクシー東京錦糸町です。
何故宿泊地にモクシーを選ぶの?修行?みたいな立ち位置にあるような気がします。

理由は2つ。

1つは立地。
今回の主な目的は美術展なのですが、その開催地である上野までそれほど遠くないこと。
電車でもバスでもタクシーでもまあまあです。きっと。
東京駅のコートヤードは特に気乗りするホテルでもないので、モクシーにしてみようということに。
Wホテルは好きなので、そういう雰囲気も楽しめそうな。

もう1つは、錦糸町に行ったことがないから。外国人が多いのだとか。
東南アジアには割と行っているのですが、そういう雰囲気を近場でも楽しんでみたいなーと。
大阪に求められてるものと少し似ているかもしれませんね?

錦糸町にはバングラデシュ料理屋も複数あるということで、一度試してみたいというのもあります。

moxytokyo


しかしどうしょう。この予約、びみょーなんですよね。25%オフなのです。
このレートなら5000ポイントだったかもーと今更思ったり思わなかったり。
うーん?

レポートが多そうなホテルですが、気になることがあったらまた何か書きたいと思いまーす。
それではまた。

少し前にクアラルンプール - ドバイ(KUL-DXB) エミレーツ航空(EK)運航便によるファーストクラス運賃という記事を書いたのですが、どうやらエラー運賃だったようで、購入した人はPending扱いになっているようです。

お正月にやらかしたキャセイパシフィックはエラー運賃の発券を認めましたが、「間違いだった。すべてキャンセル扱いとする。」としても、仕方のないことですから…。

こういったエラー運賃(もしくはそれに匹敵する運賃)は、そういうことがあることを前提に購入する必要があります。

追記。
どうやらCancelledとなったようです。認められませんでしたね。
また次の機会を探しましょう!

それではまた。


さて、ホテルに到着しました。
空港から5kmしかないのに、車で1時間。人力車バリのスピードです。
事前にある程度知っていたものの、凄まじい渋滞。バリを旅行する方は、時間に余裕を持ちましょう!

ホテルはザ・ストーンズ・ホテル。正式名称は「ザ ストーンズ レギャン バリ マリオッツ オートグラフ コレクション ホテル」とかいう誰も覚えられない名前なので、忘れてください。忘れる必要もなく覚えられませんが。空港のイミグレーションでも、the stonesという名前で認識していました。わかりやすい!

今回の宿泊代金は無料。マリオットのトラベルパッケージを利用しました。

チェックインはカウンターで。まずはウェルカムアイスをくれました。果物が入った小さいかき氷のバータイプです。
そして親切丁寧に何から何までご説明を。
貰った紙はこんな感じ。

bali5

名前は消してます。つまり名前入りということで、ご丁寧な感じがわかるかと。
ところでin Room Check-inはどこいったんや?

それはさておき、とてもにこやかで凄く好印象。
部屋へエスコートしてくれる若いお兄さんもにこやか。微笑みの国はここにあった!
この若いお兄さんは日本語を勉強してるそうで、もしかしたらそのうち日本語対応スタッフになっているかも?

部屋について。アップグレードを狙うにしても、予約をするにしても、デラックス・プールより上の部屋がお勧めです。

デラックス・プールの部屋は部屋そのものは広いわけでもなく、普通です。トイレとシャワーと洗面台が全て独立しているところは本当に素晴らしいけれど。
部屋にはillyのコーヒーメーカーと、それ用のコーヒーとデカフェコーヒーのポーションが1つずつ引き出しの中に入っています。もちろんですが、ターンダウンの時やリクエストをすればいくらでも貰えます。

トイレは東南アジア式?ウォシュレットが付いています。

bali4



この部屋の何がお勧めかというと、テラスにバスタブとカウチソファがあり、これが最高にいいんです!暑いときにバスタブに少し水を張りちゃぷちゃぷしてみたり、ソファで寝転んでみたり。カーテンも付いてるので、明るすぎたり暑すぎたりする際には閉めれば万事OK。

bali3

(デラックス・プール、マリオットの公式ページのものを拝借)

こういうホテルでは1階はプールへのダイレクトアクセスといって、プールへ直接部屋から出られることが多いのですが、このホテルは殆どの部屋でベランダ側からは外へ出られません。植木が邪魔をしています。その分プライバシーが配慮されてるとも言えるのですが、足をちゃぷちゃぷできるプランジプールがあるだけでテラスは極めて狭く、1階の魅力がそこまででもないです。通常はあまり喜ばれない2階以上の方がこのホテルに関してはいいと思いました。

最後に些末な話ですが、氷は呼んで持ってきてもらいます。フロアのどこにもないので、探しても無駄です!電話しましょう。I'd like ice cubeで十分。countableですが、気にしなくて大丈夫です。他に何かありますかと聞かれれば、No, Thank youで問題ないです。

どうしても電話は嫌という方には、アプリでチャットからメッセージを送れば、タイミング次第では即答してくれます。ただしシステムなどに何かしらの問題があったりすると、全く返答がないこともあるので注意です…。

そんな感じです。
それではまた。

マイラーには使いやすく、人気のあるAvios。今更感もありますが。
言わずと知れた、ブリティッシュエアウェイズ(BA)のマイルの単位です。何故マイルと呼ばず、Aviosと呼ぶようになっているのかは謎です。

4500マイルAviosで日本の広範囲をJALに乗って飛べるので、普通にJALで7500マイル使うよりお安い!(見た目の数字上)

でもどうやって貯めるの?となると、大体次のような感じです。他にもあります。
  • RocketmilesKaligoなどマイルをくれるホテル予約サービスを利用する (嗜みとしてリファーしておきますw)
  • アメックスやマリオットなどからポイントを移す
  • ヒースロー・リワードを利用する
  • 販売されているものを直接買う
人気なのは最後の「直接買う」でしょうか。
買い方ではなくどのタイミングで買えるのか、買う場合どれくらい買えばいいのかに触れたいと思います。

「直接買う」の主流は、グルーポンのスペイン版によるAvios販売です。スペイン語のみのページで初めは頭が「???」となりますが、慣れると難しくはありません。
もちろん為替状況によって変化しますが、約2500円で2000Avios貯められます。

くわしーく書いてくれているブログは恐らくたくさんあると思うので、手取り足取りな買い方については、ひとまず割愛します。何か質問があればどうぞ…。

さて、どれを買えばいいの?ということですが、2000Aviosを購入しましょう。
それ以外は値段が少し高めに設定されているので、すぐにたくさん欲しいという方以外はスルー推奨です。

これにイベリア航空が運営しているポイントサイトのIberia Plustoreを挟むと、少し前までは150~250Aviosくらいが追加で付与されていました。しかしながら2018年末では、36Avios(3avios/euro)が多いようです。
その結果マイル単価が1.13円から1.23円になり、ちょっとうまみが減りました。

有名な話ですが、時折システムが不安定になったり、購入分や追加付与分がスルーされたりします。
問い合わせは、英語もしくはスペイン語となります。ご注意ください。

Aviosは他のところでも買えます。

航空会社でマイレージシステムにAviosを利用してるのは、ブリティッシュエアウェイズ(BA)、イベリア(IB)の他に、エアリンガス(EI)があります。
エアリンガスでもグルーポンにて販売していたりします。

フランスのネット通販vente-priveeでも購入できます。
少量でも大量でも単価がそれほど変わらないため、気分的に買いやすいかもしれません。

Iberiaのグルーポンにしてもどれにしても、いつでも買えるわけではないので、セールを随時チェックする必要があります。
twitterなどで告知してくれる人が多いので、誰かが書いてくれてたら買いに行く、で十分だと思いますw

本家ブリティッシュエアウェイズでもウェブ上で直接セール販売をしたりしますが、あまりお得ではありません。
ひとまずは無視でOKです。

最後に。
BAの(主に上級会員制度の部分だろうとはいえ)システムにいつメスが入るかわかりません。マイル利用についてそれほどタイトな問題は起きないと思いますが、マイルはインフレが激しく溜め込むことに意義がありません。これはどこの航空会社でもそうです。
使えるだろう分だけを購入することをお勧めします。

avios
(それなりのペースで使っていますが、なかなか使いきれません…。ちょっと焦り気味です。)


記事が気に入って、こちらのクレジットカードに入会したいという方のために、入会&3ヵ月で10万円使うと36000ポイント貰えるSPGアメックスの紹介もしておきますw
ANAやJALでも、こちらのBAのAVIOSなどその他の会社のマイルを貯めるにも有用。有効期限がないのもいいところですが、年会費もそれなりなのでじっくり検討してくださいね!

それではまた。


この旅行記を書こうと思っていなかったので、写真はあまりありません!
多分今後も写真が多くなったりはしません!
やっつけ気味?ではありますが、備忘録的には残してみたいと思います。

まずは飛行機の話を少し。
GA883便、大阪関西からバリデンパサール直行便(KIX-DPS)。

特典航空券での片道です。

スカイチームのマイルの話をしても仕方ないと思うので、ひとまずカット。
ですが、デルタの日本500には参加するのは悪くありませんよ!
それはさておき。

bali1

これが少し厄介な?チケットで、Economy Restrictedとあります。
制限されたエコノミーとでもいうのでしょうか。
何が制限されているの?というと、このチケットは座席指定ができないんですねー!(私はいつも荷物を預けないので、荷物の制限はわかりません)

エコノミーの座席は2-4-2なので、やはり端の2がいい…。というわけで少し面倒なのですが、ウェブチェックインをしました。パスポート等の情報を自分で埋めるというやつで、これをすると席を選べます。

ガルーダインドネシアでは、ウェブチェックインは出発時間の24時間前からの受付、つまり26日の11時からの受付です。(写真では10:50ですが実際は11時です)

競争相手は特にいなかったようで、無事に席を指定できました。ひとまず安心。

さて当日。年末ということもあって、チェックインは長蛇の列。ウェブチェックイン列があったかどうか見ていないのですが、スカイプライオリティ(スカイチームエリートプラス資格)を持っていたので、専用チェックインから楽にチェックイン。飛行機会社における上級会員のメリットの9割はここにあると思ってます!(最近キオスクでの自動発券が広まってきて、各社上級会員の魅力が失われているのもまた事実…。)

今回こちらで発券したのは片道だけのため、帰りのチケットを提示しろとのこと。もし片道で発券する人は、紙でもスマホでもいいので用意していた方がいいですよー。

さて機内…は、平凡な感じ。普段はあまり普通のエコノミーに乗ることがないのですが、LCCと比べて僅かに広いくらいです。
機内食は片方が切れたのか、白身魚とのこと。

bali2

(ガルーダインドネシア様のウェブページより拝借)

こんなもんです。しょっぱかったくらいの記憶しかありません。降り際にはアイスクリームのスーパーカップか何かを配っていた気もしますが、食べてないのでよくわかりません。
後はエコノミーでも小さいポーチのようなものをくれます。捨てるだけになる可能性が高いです。
それでも出発後約7時間後に到着。それまでに機内で税関申告書を書いておきましょう。他に特筆するようなことは何もありません。

到着後、イミグレーションで、どこのホテルに泊まるのかを聞かれます。予め用意しておいてもいいし、適当にシェラトンとか言っても大丈夫です。(一応ダメですw)

荷物のピックアップゾーンを抜けて外に出るとぬる~い風が。
そう東南アジアなのに冷房があまり効いてないんですね。これはバリ全体的にそうでした。冷房があまり得意じゃないので、これはとても嬉しい誤算。東南アジアはだいたいどこ行ってもガンガンにかかってますから!

制限エリアから出るとATMがあったり、タクシー?と声がかかったりするのですが、今回はなんと送迎を頼んでいます。というのも、ホテルのコンシェルジュとのやり取りで、送迎がタダだと聞いていたのです。(担当が別ということで、改めて別の方からメールを頂戴しました)


scr201812241433

ということで、マリオットプラチナプレミア会員はホテルのサービスで往復の送迎してもらえるとのこと。
こういったこともあるので、プラチナ以上の人は、泊る前に何かないかー?とホテルに聞いておくのが良いかと思います。
聞いておかないとまずもって知りようがありません。

Golden Bird Loungeに行けと聞いていたので探そうかと思ったところ、先ほどのタクシー?の声がかかるあたり、つまりは一般エリアにでたすぐあたりで発見。
よくわからないので出迎えてくれた人に説明すると、「ああ、〇〇さん?」と指をさされ…入口の低いところに自分の名前が貼ってあることに気づきました。初見でこれを発見できた人は偉い!というくらいわかりにくかったですw

少し待った後、微妙に日本語を話す…けど日本語で返すとわからないという面白み溢れるドライバーさんとともにホテルへ。距離は5kmしかないのに1時間かかりました。

なんでやねん。

ひとまずこのあたりで。
それではまた。


シンガポールからの帰りはエアアジアによる乗継便です。
まずはこちらをご覧ください。

sinkix1

はい、つらーい!マジでつらーい!つらーーーーい!!!

朝も早い10時に飛び立ち、関空着くのが21時40分。もう拷問の域です。死なないよね?
世界には色々な人がいますが、飛行機に乗るのが好きという奇特な方でも、LCCに缶詰は好きじゃないよね?

でも2人で411.86 SGD = 約33000円、1人16500円なので我慢です。

その内訳は…

sinkix2


個人的に中距離以上は座席指定必須。(どうせ真ん中に座らされますが)通路側派です。
元気な真昼間からの7時間はかなり辛いし寝ていられないので、何か食べて紛らわそうと山のように食べ物を注文していますw
こんだけありゃ何とかなるだろーと。つまりはKLIA2(クアラルンプールの第2ターミナル)に多数ある、PPラウンジでは殆ど何も食べない感じで。まあいつもラウンジでは殆ど何も食べませんが…。

エアアジアのご飯は昔で言うところのタイ米、パサパサご飯がメインなので、そういった東南アジアご飯が苦手だといかんともしがたいかも。ていうかそういう人は何食べるのか聞いてみたい…どうするんだろう。東南アジアで何食べるの?

私は大好きで、マレーシアなどに行くと1度は見かけるであろうサンバルも余裕で好きなので、こういう感じで紛らわせております。

今から考えるだけでもちょっと憂鬱な帰路なんですけど、まずはシンガポールを楽しめたらいいなと思っていまーす!
それではまた。


シンガポール旅行予定の続きです。

ホテルは安くて、不便そうでもなくて、グダグダできるラウンジのあるシェラトンタワーズシンガポールにしようかと思ってたのですが、ウェスティンシンガポールがまあまあ安い値段な気がしたので、そちらにしました。

理由としてはウェスティンという名前の好きな連れの主張と、過去にSPGホテルではSPG TVというものを放送しており、そちらでウェスティン・シンガポールがきれいな印象を見せようと頑張っていたのを見ていたからです。マリオット版でも(変わってなければ)今も見られるかもしれません。まあそれでもローマでG-Roughに泊まろうとはあまり思いませんけれど。


westinsingaporebooking


色々消してますがw 上記のような感じです。

1SGD=約80円なので、4泊で1177SGD=94160円…あー、安くねーわ。たけえよ。
さすがシンガポール。もう2度と行けねー行かねー!

朝ごはん付きレートです。マリオットプラチナプレミア会員なので元々付けられるとは思います。今回は代わりに1000ポイントを貰えますねw

表示されてはいないのですが、レートの説明にはコンチネンタルブレックファスト(コーヒーとパンみたいな感じ)が付くという説明で、ビュッフェでもないようでした。実際の運用は行って確認してみます~。

実はこんなレートで予約するのはかなり珍しくて。
大体はいわゆるベストレートギャランティ(LNF)のレートで予約するんですが、今回こちらのウェスティンでは見つからなかったのです。(元々予約していたシェラトンはそういうレートでした)

決してお金持ちじゃないので出来れば安いレートで、でも気楽な旅行にしたいので上級会員でいられるよう、宿泊は可能な限りマリオットに寄せて旅行しています。
でも今年からは50泊ということで、1年間で50はむずいよなーという気持ちになってたりしますが、まあ適度に泊ってみて無理なら諦めよっかなーという感じです。

でも、少なくともホッピングしなくていいのは嬉しい!(嬉しい!)

また泊まる直前当たりから何か書いてみようと思います。
それではまた。


シンガポール旅行に関連してアラスカの話も。
まあ同じような記事が日本だけでも100か200はあると思うのですが、一応。

アラスカ航空のマイルを利用すると、25000マイルでJALのビジネスクラスに片道で乗ることができます。

アラスカ航空のマイレージチャートでTraveling from:とTraveling to:の両方にasiaを選んでみましょう。
Japan Airlinesが出てきますね。ビジネスクラスが25000です。

asasiatoasia
(拡大可能です)

まあめんどくさい話なのですが、ストップオーバーというシステムがあり、アラスカ航空はそれを片道でも1回無料になっているという、実は珍しいシステムを採用しています。
要は経由便でもそこで降りて楽しんでいいよってことなのですが、それを利用して次のようなことができます。

ハノイ(ベトナム) → 東京 → シンガポールという片道旅程です。
これは片道なので、25000マイルです。でもJALのビジネスクラスに2回乗れるというわけです。
ハノイを11月25日に出発し、同日東京に着く。そして東京を楽しむ(というか家に帰って日常生活)、そして東京からシンガポールへは2月10日に出発する。こういうことが可能です。

誰でも疑問になるところですが、ハノイへ行く方法と、シンガポールから帰る方法はどうするの?ってところ。
答えは、「自分で考えてくださいね!」という中級者向けのシステムです。上級者だとさらにめんどくさい旅程を作る人も出てきますが、それはまた別の話で。

別にハノイやシンガポールである必要はないです。
この場合実際に乗るのはJALなので、JAL便でアジアとされているところならどこでもOKです。
一番遠いのはインドのデリー。一番近いのは国内を除けば、台湾か上海あたりかな?
現在は同一国を指定できません。つまりは、ホーチミン(ベトナム) → 東京 → ハノイ(ベトナム)という旅程を作ることはできません。
別にバンコク → 大阪 → 台湾でも良いですよ。大阪から飛ぶJALは3つしかないですw (もう1つは上海)

実際の旅程の作成は、上記ウェブページから左下あたりの緑のボタン「BOOK NOW」から出来ます。
フライトタイプをで試してみたり、実際に上記のようなルートを作るにはMulti-cityから行うのですが、詳細は…やってみたらわかると思います!!! ←

asbookaflight

これでハノイ - 東京 - シンガポールです。日付は適当。
上段はDeparting flightで、下段はReturning flightですが、片道ということで上段だけを埋めます。

これでFIND FLIGHTSから検索すると、

availableawardflights

このように、3つの候補が出ました。ビジネスクラスは25kマイル+USD73ですね。
今回の検索だとMain(エコノミー)には空きがなかったようです。

後は予約するだけです!

英語アレルギーの人は諦めましょう。多分。
変更したくなった場合など、全ての項目で日本語に対応していません。英語もしくはスペイン語でないと何もできません。
でも、ちょっとずつ触っていればきっと慣れると思いますよ。

一から知りたい人はそういうブログを探してみてくださいw
多分たくさんあります。

アラスカ航空のマイルを手に入れる方法は…いくつもありますが、アラスカ航空から直接買うのが一番楽です。
頻繁にセールやってるので、乗りたくなったら買いましょう!
アラスカ航空のアカウントを作り、アラスカ航空のマイルを買うページから買うだけです。セール時には最大50%上乗せボーナスがあるので、セールを待つのが鉄則です。

例えば60000マイル購入すると、30000マイル追加されて、計90000マイル。
金額は1773.75ドル(USD)。日本円で約19~20万円くらいです。(1ドル110円くらいとして)
25000マイルで2回乗れるので、単純計算で1回あたり28000円くらい。安いね!

他に手に入れる方法は、普通にJALなどに乗って貯めるか、ホテル予約サイトのrocketmilesとか、アラスカ航空が運営しているショッピングサイトで何かを買うか、某クレジットカードとか。

一応儀礼として、クレジットカードを紹介しておきますw

記事が気に入って、こちらのクレジットカードに入会したいという方のために、入会&3ヵ月で10万円使うと36000ポイント貰えるSPGアメックスの紹介です
60000ポイントになると、アラスカ航空のマイルが25000に交換できるので、JALで2回飛べますね!
ANAやJALでも、その他の会社のマイルを貯めるにも有用ですが、年会費もそれなりなのでじっくり検討してください。

それではまた。

宿泊実績という、超小ネタです。
しかしながら、年末にまた気になる人もいるかもしれません。

年末年始において、どこまでが今年度の宿泊カウントになるのか、それとも来年度の宿泊カウントになるのか。

例えば12/30チェックイン、1/2チェックアウトの3泊の場合。
これは今年度が2泊で、来年度が1泊となります。

感覚としては、チェックイン日がどっちに当たるかと考えるといいかも。
実際はチェックインを3回もしませんが、仮にするとすれば、30, 31チェックインだから本年度、1チェックインだから来年度という感じです。

というわけで50泊ぴったりを目指す方は、こちらを念頭に置いて検討してみてくださいね!
それではまた。

↑このページのトップヘ