予算が気になるトラベラー

コスパが気になるお年頃。

hilton_resort-sale

ヒルトン系列にて、セール開催予定。2/19より。

アジア太平洋地域ということで、グアム、タイ、マレーシア、インドネシアなどが対象。
東京も1つ対象になっています。

hilton_resort-sale2

ディズニー側にあるヒルトンですね。シェラトンの横だったと思います。
ファミリー層、カップル、ディズニー好きなどの方々にお勧め。

予約は来年までが対象なので、色々検討できるかと思います。

それではまた。

intercontinentalpromo

アジアや中東などのインターコンチネンタルを対象としたプロモーションをやっています。
プロモーション対象のホテル

宿泊対象期間: 2019年3月1日から2019年12月31日まで
予約可能期間: 2019年3月10日まで
対象の部屋: クラブインターコンチネンタルルーム、スイートルーム、ヴィラ

日本のホテルも7件が対象になっています。
…少し探してみましたが、対象外の期間が多いのか、見つかりませんでした

試しにバリ島のインターコンチネンタルで検索するとすぐに出てきたので、プロモーション自体は間違いなくやっているようです。まあIHGのウェブ上では、多少何か不備があっても驚きません。

intercontinentalpromo2

先ほどのプロモーション対象のホテルから探すと今回のプロモーション「EXTEND A NIGHT ON US」が自動的に選択されます。これで進めると、

intercontinentalpromo3

ちゃんと3泊目が無料になっています。
ちなみにこれは中堅スイートルームなので結構お高めなレートですが、ラウンジアクセスもできます。悪くないかも。

インターコンチネンタル好きな人には検討に値するプロモーションかもしれません。

それではまた。

タイトルで全てを物語っています。
私は直接確認をしていませんので、未確定事項が多いです。この件が気になる方は、その上でご覧ください。

※プラチナ会員だけではなく、全ての会員が対象のようです。チタンでもクラブラウンジを使えなくなりました。

mvplatinum1
(ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町)

マリオットボンヴォイに名称が変わったタイミングで、プリンスギャラリーはプラチナ会員へのクラブラウンジの利用権をなくしたようです。
アメリカや日本ではプラチナチャレンジがそこそこ流行った影響か、以前のSPG時代に比べてプラチナ会員が多すぎるのが原因でしょうか。何故かプラチナ以上だという人も多いようですし。
プラチナ会員からの剥奪ということは、チタン会員より上にはまだクラブラウンジ権が付与されるかもしれません。


プラチナ会員にはクラブラウンジを利用する権利があるんじゃないのか?という声もあるでしょう。確かに通常マリオットグループでは、プラチナ会員以上へのクラブラウンジアクセス権が保証されています。

mvplatinum

会員特典&リワードレベル (詳細はこちら)

しかしながら会員規約を読むと、全てのホテルでクラブラウンジ権が与えられるわけではありません。有名なところではリッツカールトンですね。
ラウンジへのアクセス保証: 会員に加え、会員と同室に滞在中のお客様1名様は、JWマリオット、マリオット・ホテル、シェラトン、デルタ・ホテル、ルメリディアン、ウェスティン、オートグラフ コレクション、ルネッサンス・ホテルで、コンシェルジュ/エグゼクティブ/クラブ/シグネチャークラブ/Mクラブ ラウンジ (総称して「ラウンジ」または「ラウンジアクセス」) を通常の営業時間内にご利用いただけます。
プリンスギャラリーはラグジュアリーコレクションのため、上記対象ではありません。
これまではホテルの厚意により提供されていたのでした。

私個人的には好きなホテルではありませんが、プラチナ会員でこのホテルが好きな方には結構なショックがあるかと思います。

大盤振る舞い的に上級会員を増やしすぎたせいなのか、もしくはホテルのブランド価値やちゃんとお金を払う顧客の満足度を上げたいのか、ラウンジ権を与えることに対するリターンが少ないという判断なのか、その他なのか、理由はわかりません。しかしながらこういったホテルがこれからも出てくることも予想されます。リゾートからのラウンジカットも進めていますし、そもそもホテルとマリオットとで折り合いがつかず、マリオットグループから抜けたホテルはそこそこ見かけます。

プラチナ以上の会員としては、これからもちょっと気になるニュースでした。

それではまた。

長らくやってるこの件で、マリオット(旧SPG)はユーザがどう巻き込まれているのかを教えてくれるフォームを設置しました。

SPGがあったころにアカウントを持っていて、一度でも利用していたら情報が流出している可能性があります。(正確な流出対象は公式ウェブサイトにてご確認を。)


早く返事をするみたいな気配ですが、世界中から問い合わせが殺到しているでしょうから、それなりの時間がかかるでしょう。

それと、この手のフォームはこれ自体が罠の可能性があります。
今回は大丈夫だと思いますが、常にその手の注意を怠らないようにしてください。

spginquiry1

こういう感じのフォームを埋めて送信すると

spginquiry2

メールが来るので、それで確認(confirm)します。すると

spginquiry3

これで終了。

さて、どういう返事が来るのかな。
正直に言えばこの件はあまり気にしていません。マリオットはパスポートを新しくする必要がある場合にはその費用を出したりなど、様々な準備があるようです。

今月中に来るかな?という感じで待ってみたいと思います。


関係ないですが、アメリカでは新しいマリオットボンヴォイのクレジットカードが発行されています。
たくさん出てて羨ましい。私も作りたい…。

spgamex

国内向けの紹介はtwitter: @leisure30 までDMください。

それではまた。

dbimageashx

時折見かけるキャンペーンですが、マリオットボンヴォイに切り替わってからは初のキャンペーン。
(専用ドメインです。今まで見たことがないドメインなので不安ですが、whoisで軽く見た程度ではちゃんとマリオットが所有しているドメインのようです。)

ここから入会し、2泊するとカテゴリ4までの無料宿泊券が貰えるとのこと。
(正確には25000ポイントまでなので、ピーク/オフピークが出来れば少し意味合いが変わってくるかもしれません)

誰でも考えるのが新しくアカウントを作ることです。しかし名寄せ等で色々確認しているでしょうから、そういうことをすると元のアカウントもキャンセルされ得るので、避けた方がいいと思います。
家族でマリオットのアカウントを持っていない人がいれば、それはアカウントを作るいいタイミングかもしれません。

アカウントを作る際にはT&Cを読むことを推奨しておきます。

spgamex

記事が気に入ったという方で、当方よりSPGアメックスのクレジットカードを作っても良いという方は twitter: @leisure30 までDMください。
入会&3ヵ月で10万円使うと36000ポイント貰えます。

それではまた。

キャセイパシフィックで行く成田発オークランド行きのビジネスクラスが、まーまーな価格で出ていました。

nrtakl

5月から長らく確認することができます。


nrtakl1

今年限定休日の10月22日を活用するプラン。258,430円から。
弾丸気味ですが、10月19日出発10月23日帰着。

アラスカ航空で33914マイル、JALで18840マイル貯まります。 


年末年始も。
nrtakl2

12月26日出発、1月5日着。246,771円から。
貰えるマイルは同じです。


おまけにシンガポール航空もそこそこだったので、一緒に掲載しておきます。

nrtakl3

アラスカ航空で34072マイル、ANAで21294マイル貯まります。(羽田発着として)

ちょっと先の例を出しましたが、5月から取れます。如何でしょうか。

それではまた。


7日ログインしてもらえるマイルはほんの僅かなマイルなので、貰うのがばかばかしいくらいですが、このMilesLifeが対応しているマイルなら、どこにでも少量のマイルを投げることができます。

そしてIHGやマリオットなどのホテルプログラムでもよく見られますが、ポイントの有効期限はアクティビティがあったときから1年などのプログラムは結構多いです。

そうです。
このアプリで、あまり使わないマイレージプログラムの有効期限が延ばせるんじゃないでしょうか。
やってみました。


preventexpiring1

使用前


使用後

preventexpiring2


無事成功です!
少なくとも、ユナイテッド航空のマイルはこの方法で有効期限を延ばすことができました。

せっかく貯めたマイルをすっかり忘れてて失効させちゃう、なんてことのないようにしたいものです。
それではまた。

シンガポール旅行カテゴリにも、関連した記事を書いています。

ここまで、非常に快適で洗練されたホテルの印象です。
お昼に出歩きちょっと疲れたので、ラウンジへ行ってみることに。

westinsinlounge1

外にはプールがあります。

ラウンジにはスタッフの方がたくさんいらっしゃって、話しかけてくださいます。
初日は2回ほどルームナンバーを聞かれましたが、以後は聞かれなくなりました。覚えていらっしゃるのかもしれません。

westinsinlounge2

ラウンジの奥。
昼間に訪れましたが、ゲストは誰もいません。

水、炭酸水、コーラ類などがあり、それとは別にコーヒーマシーンがあります。欲しいものを聞きに来てくれるので、自分でコーヒーマシーンを使うことはありません。ランクの高いラウンジですね。食べ物は紙に記載のあったように、クッキーがありました。

カクテルタイムはやはり人がぐっと増えます。といっても座れないほどでもないですが、土曜日だけはかなり人が多く、座れない人もいたようです。カクテルタイムが終わるギリギリくらいに立ち寄ったので、目にはしていません。

ビールは3種類。アサヒ、タイガー、ハイネケン。ワイン類も豊富です。
このタイミングでも何か飲まれますか?とかいろいろ聞いてくれるので、恐らくビールと一緒に何か食べたいとか言えば、食べ物も持ってきてくれそうな気がしました。

ミールで毎日置いてあり一押し感があったのは、カクテルシュリンプ。1度も食べてませんけど。その他は毎日変わります。

westinsinlounge3

写真はエビのクリーム煮(ではなかったけど、何だったかな…)とフライドワンタン、そしてスパイシーサラミです。どれも美味しかったです。野菜類も多くあり、お菓子もケーキやチョコレート、それにフルーツも用意されていて、全方位で楽しめる内容。東南アジアなだけあって、カクテルタイムは充実しています。

westinsinpool

westinsinpool3

綺麗な景色の見えるインフィニティプールだったはずですが、目の前のビルの影響で魅力が減ったプール。
真昼間はともかく、少し時間が遅くなると寒くてプールに入れるような感じじゃありませんでした。

ただしデッキが10かそこらあるので、のんびりするには良い環境。
人もそれほど多くないですし、気温は32度ほどあるはずなのに、涼しかったり少し肌寒いくらい。いい場所です。合計すると、結構な時間ここにいた気がします。

ラウンジもプールも都会の洗練された感じがあり、とても気持ちよく過ごせました。

セントーサ島(vivocity)へバスで1本、マリーナベイへは歩いてもバスでも電車でもすぐという立地の良さも素晴らしい。
安くはないですが、次ももしシンガポールに来るならまたここでいいかもと思えるほどです。
是非一度訪れてみてください。

クラブラウンジを自由に使えるプラチナ会員になるにはまずゴールドに!
というわけで記事が気に入って、こちらのクレジットカードに入会したいという方のために、入会&3ヵ月で10万円使うと36000ポイント貰えるSPGアメックスの紹介もしておきます。
ゴールド会員になれるのでアップグレードも期待できますし、見た目のベネフィットよりも何よりも、そもそもの対応が違ってきますよ!

様式美と言うことで。
それではまた。

まずは次の表をご覧ください。

ANA
355日前
JAL330→360日前
エアカナダ
355日前
エールフランス/KLM
359日前
アラスカ航空330日前
アメリカン航空331日前
アシアナ航空361日前
アビアンカ航空360日前
ブリティッシュエアウェイズ355日前
キャセイパシフィック航空360日前
デルタ航空331日前
エミレーツ航空328日前
エティハド航空330日前
イベリア航空330日前
大韓航空361日前
ルフトハンザドイツ航空360日前
カンタス航空353日前
カタール航空361日前
シンガポール航空
355日前
ユナイテッド航空337日前
ヴァージンアトランティック航空331日前

以上!………で終わらせてもいいんですが、ひとまず一部有名どころのリスト。
アルファベット順ですが、ANAとJALだけ上にしました。
個別の条件等は入っていません。そして概ね大体です。違っているところもあると思います。

JALは4月より330日前から360日前にするようですね。
国際標準がうんたら~とか言ってますが、理由はともかく要チェック項目の1つです。

何にしても、全ては328~361の中に入っているので、マイルがどこのものであってもほぼ1年前から検討する必要があります。

受付開始時間もバラバラです。ANAは朝9時、JALは朝10時だったでしょうか。
小さいテクニックとしては、電話なら開始10分前に電話しておくだとか、予め別の予約をしておいて予約の変更をすることで入力量を減らそうだとか、色々あるようですがここでは説明しません。

また日系ではあまり関係ありませんが、エールフランス/KLMやルフトハンザ、シンガポール航空などの特にファーストクラスの特典航空券は、自分のところ優先です。ルフトハンザがスターアライアンスだからと言って、ANAからルフトハンザのファーストクラスは簡単に予約できなくなっています。

さらにはANAマイルを使ったスターアライアンス特典など、自社特典航空券以外は各社で取り扱いが異なります。

というわけで、各社バラバラ。まとめようもない状況。

つまりは貯める前に、そのマイルの使い方をしっかりと確認しておこうということです

オリジナルでも色々突込みが入ってますが、まあ気にしないということで…

それではまた。

シンガポール旅行カテゴリにも、関連した記事を書いています。

宿泊予約あたりは予定: ウェスティン・シンガポール (Westin Singapore)に記載しました。

事前に具体的な話を混ぜつつ、プラチナプレミアのベネフィットについて聞いてみたところ、クラブラウンジで朝食が食べられること、レイトチェックアウトが16時まで出来ることを教えてくれました。
…ええ、マリオットの基本ルールの部分なので知ってます…。つまりは特別なことはない模様。

westinsingaporeupgrade

ひとまず最低限のアップグレードはしてくれたようで、クラブフロアです。言い換えるなら、フロアが変わっただけとも言えます。
4泊程度にもなってくるとアップグレードが渋くなってくるので、最低限と言いつつも十分でしょう。アップグレードのリクエストは特にしておらず、チェックインの時間がもう少し早ければ違ったかもしれませんが、もう深夜2時です。

westinsingapore10

サービスはこちら。

フロントで聞いてみたところ、プラチナプレミアはレストランでの朝食も無料だとのことでした。宿泊レートは朝食付きでしたが、どちらでも同じ結果に。というわけで、1度もラウンジで朝食を食べていません。週末(土日)はスパークリングワインのフリーフローもついていますが、残念ながらそんなに飲んだら一日中倒れてしまいます。


westinsingapore1

部屋は4519。エレベーターから遠くもなく、悪くありません。
というわけでコーナーだったので、窓が2面ありました。


westinsingapore2

最低の部屋でも40m2と広め。実際に利用してみると十分に感じます。


westinsingapore3

写真に撮っていませんが、シャワーは非常に分かりやすい説明入り。そしてハンドシャワーとレインシャワーの両方を完備。
バスタブもあります。


westinsingapore3s

個人的には嬉しいマウスウォッシュ。


westinsingapore6

部屋に置いてあったウェルカムおやつ。レベル高め。


westinsingapore5

罠。
冷蔵庫の中をさわると課金タイプは時折見かけますが、外にあるのに課金。やる気満々です。
(カイジの土下座のように、こちらは15秒を数えるゲームとして遊べるかもしれません。妻は5秒くらい持ち上げていましたが、課金はされてませんでした。)
もちろん冷蔵庫もこのタイプです。ただし、右上にフリースペースがありました。


westinsingapore4

エスプレッソメーカーも。これとは別に、コーヒーや紅茶もあります。


westinsingapore9

翌日の外の風景。こちらは西側です。カーテンは電動なので楽。


westinsingapore7

ターンダウンにくれるおやつと水。毎日おやつは変わります。これも美味しい。


westinsingapore8

朝のロビー、32F。
左にフロントデスク、正面はエレベーター、右にバーと朝食も食べられるレストランがあります。

westinsingapore11

朝食内容は十分でしたが、特筆することもないので写真を撮っていません。
卵、ヌードルスタンドはあります。
ヨーグルトのソースがチョコレート、キウイ、パッションフルーツと3種類あったのが、個人的には印象に残ります。

総じて、非常に快適な部屋でした。
問題点をあげるとすれば…シャワールームのドアの部分の隙間が少し大きくて、利用後にシャワーの水が外側に少し漏れやすいところくらいです。

プールとクラブラウンジはまた別に書きます。

それではまた。

↑このページのトップヘ