予算が気になるトラベラー

コスパが気になるお年頃。

jw-main01-0001-hor-feat

現在のところ予定通りに事は進んでいるようで、2020年4月オープン予定となっています。

JWマリオットは旧マリオットグループとしての最上級に位置しました。現在はリッツカールトン(とエディション)、旧SPGのセントレジスの陰に隠れている感じですが、どちらにしても高級ホテルの位置付け。こちらのホテルの場所は奈良市役所の向かいあたりのようで、公共交通機関でもそれなりに便利な場所にあると言えそうです。

部屋は150ほどの模様。意外と少ない気もしますが、そこは奈良。夜に開いている店は異様に少なく、泊まるメリットも未知数。と言っても、最近は夜の状況も少しずつ改善されつつあります。京都のリッツカールトンと同じような方向に向かうのかもしれませんね。

まだ予約はできません。そして大した情報もありませんが、部屋の種類やレストランなどは見ることができます。みんな大好きクラブラウンジがあるようで、ラグジュアリーコレクションなどとは違い、JWマリオットではプラチナ会員以上なら無料で利用可能です。頑張って維持している人にとって、こういう高級ホテルにおいてはその優位性が垣間見られることでしょう。

泊まることはなさそうですが、オープンが楽しみなホテルです。

それではまた。

2d62d22f173c80f2802d503f3b6103bf378c411036d8b3339e226b39df9f198e

どこに関係が?と思える組み合わせ。気づく人はすぐ気づくと思いますが、モーメンツ(Moments)です。

こちらは上海でのコンサート。マリオットのラグジュアリースイートから見られるそうです。実際のイメージが沸いてこずよくわかりませんが、特別な雰囲気を楽しめそう。いわゆる欧米なコンサートだと小さい会場で楽しめた上にアーティストと触れ合う…というのがよくあるパターンですが、そういう感じではなさそうですね。

上海は日本からとても行きやすくそして近いので、熱狂的なファンからの応募が殺到しそうです。しかしながらビッドを確認すると、1もしくは2。会いに行けるアイドルだからそれほどプレミアム感はないのか、マリオットと乃木坂46という組み合わせが良くないのか、理由はわかりません。どうなんでしょうね?

締切は18日。少なくとも上海では特に人気がなさそうなので、ファンなら飛びついてみるのも楽しいかと思う次第です。

それではまた。

Base_MMT19008_Q4_GlobalPromo_PromoCentral_Hero_2360x944_JP

見た瞬間思い出されるのは1999年7月に来訪する…はずだった恐怖の大王の名前。来ませんでしたね。

それはさておき、新たなプロモーションです。

2回のご滞在で、2,000ボーナスポイントを獲得。さらに、追加特典も獲得のチャンス。

登録: 2019年12月31日までにご登録ください。

2回のご滞在で2,000ボーナスポイント獲得。

2回目の対象となるご滞在の完了がアカウントに掲示されてから2~3日後に、アンロックモアの追加オファーが自動的に提供されます。追加オファーはオンライン会員アカウントに表示され、オファーの詳細を記したEメールが送信されます。

2019年10月29日~2020年1月14日の期間中に、世界各地の7,000件を超えるプログラム参加ホテル/リゾートのいずれかにご滞在ください。


書いてるそのままですね。

「滞在」はチェックインからチェックアウトのことを指します。1泊でも2泊でも、同じホテルに泊まっている分には1滞在とみなされます。

つまりは2滞在すると2000ポイント貰えて、それとは別の追加オファーが出るようです。IHGっぽい感じで、「こんなんきたよー」とSNSが盛り上がりそうな気配…2滞在する人が多い人たちの間限定でしょうけれど。

個人的にはその1週前に2滞在しますが、それ以後しばらくはマリオットに用がありません。残念

ほぼ全員が対象のオファーだと思われますが、稀に登録できません。電話すると登録してもらえることもあるそーです。必要があればお試しあれ。

細かい話ですが、「対象料金」での宿泊が対象です。ポイントや宿泊権等での宿泊は恐らくカウントされません。

それではまた。

227_new_buses_rome_atac_raggi

日本でない…外国へ行った場合に気になるのが交通機関。

ツアーだと何も気にしなくてもいいのかもしれませんが、個人で行く場合には空港からの移動手段を皮切りに、色々と考えておくことがあります。

個人的に思ったことをつらつらと書きたいと思います。

地下鉄

路線がA~Cと少なく、普段乗り慣れている人には極めてわかりやすいのが電車。ホームはローマの街からは想像できない程に綺麗で、雰囲気も悪くありません。車内は日本と大差ないほど明るく綺麗です。

地下鉄で行きやすいところにいて、また同時に行きやすいところへ向かうのなら、おすすめです。

切符の買い方は窓口で買うか、周辺のニューススタンドもしくはタバッキで買うか、自動販売機で買うかあたりがスタンダード。日本のように距離制ではなく時間制のため、金額などに悩む必要もありません。自動販売機は動かないものも多いので、動かないと思ったら別の機械を試した方がいいでしょう。またコインは入れてから上へ投げます。(意味不明ですが、やるとわかります)

ちゃんと改札もあり、そこで打刻できます。切符を入れ、切符を抜いてから、前に進むところだけ注意かも。日本とは違います。

バス

極めて便利なのがバス。ただしイタリア気質。間引き運転のようなものもあるのかと思えるほど時間を守らなかったりすることもしばしば。それと昔ながらの道が多く、物凄く揺れます。

ローマではメジャー路線、つまりは本数が多いところだけにしておいた方が良いかもしれません。30分に1本なんてバスだと、40~60分くらい待たされる可能性もあります

ただしやはり便利。電車のルートが少ないこともあり、行きたいところへ行きやすい。

例えばアッピア街道へは118番のバスで行けます。ローマ中心部だとコロッセオ、フォロロマーノ、チルコマッシモ、カピトリーニ美術館あたりのバス停に118番が停まります。(ただしコロッセオ目の前のバス停は日曜日のみ停まりません。)

切符は打刻が必要です。黄色い切符入れに入れればOK。たまに壊れてます。またローマパスは同じ黄色い機械の中ほどに当てると反応してくれます。初めの1回だけ当てればOK。微妙に反応が薄く、壊れてるのか区別がつきにくいです

トラム

バスとほぼ同じながら、一部路線を通っているのがトラム。

使えるところを通るのならバスよりおすすめ。理由は、揺れない。

タクシー

乗っていませんが、もちろん便利でしょう。ただし乗れるところは限られています。いわゆる、流しのタクシーはないと思って問題ありません。

mytaxi・uber

流しのタクシーはいませんが、アプリで呼べるタクシーならあります。便利。

例えばuberなら料金は予めほぼ決まっているので、ぼったくりなどもなく、後でルートを確認できることから、怪しいと思えばサポートに連絡することもできます。

そしてローマでは基本的にuberよりもmytaxiの方が安い模様。mytaxiは名前を変え、今はFREE NOWになりました。名前が変わっただけです

個人的な話をすると私たちはアッピア街道までバスで行き、十分に堪能した後でFREE NOWを呼び、水道橋公園まで連れて行ってもらいました。

公共交通機関だとバスを乗り継ぐか、バス+電車で徒歩15分みたいなルートしかありませんが、FREE NOWなら15分ほどで着きました。料金も明朗会計なのでとても良い感じです。

現金で払うこともできますし、アプリに登録しておけばクレジットカードで支払うこともできます。アプリに登録はしておいたものの、さっぱりわからない状態で乗りましたが、問題なく支払えました。

最後に

便利な公共交通ですが、日本ではないということだけは留意してください。

それはすなわち、危険性。スリなどは常にいます。気を配った方がいいでしょう。

それではまた。

とても簡単です!




ローマ地下鉄のA線、Anagnina行きへ乗ります。

そしてSubaugusta駅で下車。例えばTerminiからは20分ほどです。




地上に出て、茶色い団地みたいなものがある方向へまっすぐ行けば水道橋公園に辿り着きます。上の道をまっすぐ(微妙に左側まっすぐ)行く感じですね。この地図は動かせるので、周辺の様子もわかりますよ。

そして公園に入り、左側へ進みながら奥へ進めば大きいので見つかると思います!




ここが目的地。


claudia

こういう感じですね。


20190831_162320343

20190831_162402616

実際には行きはアッピア街道からmytaxiで行き、帰りはここを歩きました。

最後にですが、夜に行くのは止めましょう。

それではまた。

01_hero_bg_desktop

概要

ユナイテッド航空では、ホテルポイントからマイルへ移行した場合に、30%分のボーナスマイルを付けるキャンペーン中です。期間は11月30日まで。



ラディソンのみ50%ボーナスが設定されています。しかし恐らく大抵の人は、マリオットからのみを考えればいいでしょう。

元々ユナイテッドとマリオットとで提携を結んでおり、マイルへの移行時に10%のボーナスが付きます。そのため、マリオットポイントが60,000ポイントを移行すると、ユナイテッドのマイルが35,750マイルになります。
(25000*1.1*1.3=35750)

また現在マリオットではバイポイントセールを開催中で100,000ポイントまで買うことが可能。(ただしマリオットの会員になってから多少の日数が経過しないとポイントを購入できません。)

(topcashback経由だと、points.com利用で2.5%キャッシュバックがあります)

つまりは間接的にユナイテッドのマイルを買うことができるというわけですね。元々ユナイテッドのマイルは販売されていますが、ユナイテッドのセール中よりもこちらの方が安価になります。


マリオット60,000ポイントは525ドルです。それが35,750マイルになるのだから、1マイルあたり1.47セントで1.6円くらいですね。

考察みたいなもの

1マイル1.6円で買いか!?と言うと、買い!とは言えません。

買うべきパターンとしては、

1. 例えば大阪-沖縄にANAに乗って安価に行きたい

ユナイテッドのマイルは、利用時の必要マイルが変動制になりました。他社特典航空券においてはまだ何とも言えないところですが、現状大阪-沖縄は片道5000マイルで乗ることができます。

つまりは片道約8000円で沖縄に行くことができます。これを安いと思うか高いと思うかは個人差の大きいところでしょう。個人的にはギリギリといったところ。特典航空券の空きが比較的少ない沖縄線のため、乗りたい便に乗りづらいのが大きな欠点かもしれません。


2. ミクロネシアでユナイテッドに乗りたい

グアムも含めミクロネシア路線では、旅客の大きなウェイトを占めるのがユナイテッド。そのためか、航空券を買おうとするとかなり高い設定になっています。

しかしマイルで乗れれば、そんなことは関係なし。とってもお得にグアムからサイパンやロタなどの周辺の島々に行くことができます。

全ての便に乗れるようでもなさそうなので、予めあたりを付けておいたほうが良さそうです。また先ほども書きましたが必要マイルが変動制になったため、実際にどれほどのマイルが必要かを確認しておくべきでしょう。


3. エクスカーショニストパークを使いたい

マニアな人は得できる…中級者以上向けです。お好きにどうぞ。


4. 遠回りしてでもたくさん飛行機に乗りたい

例えば、東京から沖縄経由で鹿児島。5000マイルで乗れます。東京から沖縄へは8000マイル必要ですが、沖縄経由鹿児島行きとすれば5000マイルです。意味もなく沖縄へ寄れる…初めから鹿児島に行けば楽だと思いますが、飛行機好きの方におススメです。

最後に

まだ国際線のスイートスポットは微妙に残っているはずですが、11月からの変動制でどうなってるんでしょう?使う予定がないので、確認していません

何にしても、ユナイテッドから直接購入するよりも確実に安いです。欲しい人はチャンスでしょう。

それではまた。

アラスカ航空のマイルの使い道がまた1つ増えました。はい、シンガポール航空です。

個別に見たい人はこちらからどうぞ。


sqwasmiles

例1。東京からシンガポール行き。

JALも選べますね。そしてJALの方が安い。ビジネスクラスに至っては半分以下。

しかしながらシンガポール航空では機材も色々あるようです。B773ER、A359、A388と最新鋭(?)の機材が揃っているようで、マニアや綺麗な飛行機に乗りたいなど、そういったニーズにも応えるかも。JALもB772ではあります。


sqwasmiles2

例2は、大阪からクアラルンプール行き。乗り継ぎでも必要マイル数は同じです。


sqwasmiles3

例3は、香港からシンガポール行き。

ぐっと必要マイルが減ります。香港は東南アジアの扱いのようですね。この区間のファーストクラスが35Kだと見ましたが、なかなか見つけられません。


sqwasmiles4

一応見つけました。11/9の土曜日。4時間のフライトですが、このマイル数なら、A388(A380-800)のファーストに乗ってみたいという人にはお勧めですね。ラウンジも楽しいかもしれません。(画像は香港出発ですが、シンガポール出発の方がより楽しいことでしょう)

最後に

アラスカ航空自体がアメリカの航空会社だけあって、アジア方面は特に弱い状況が続いていましたが、シンガポール航空がかなりの範囲を補強してくれそうです。

ただ少し必要マイルが多めかもしれません。使い方次第でしょうか。

それではまた。

screen

昨年より那覇、北谷、恩納、本部を結ぶ高速船が運航しています。



乗り場は…
・那覇はゆいレール旭橋駅、もしくは那覇バスターミナル付近。ダブルツリー那覇近く。
・北谷はフィッシャリーナ。ヒルトン北谷近く。
・恩納はシェラトンサンマリーナ。
・本部は渡久地港。瀬底島はまだ近いけど、美ら海水族館には少々遠いかな…。

ということで、恩納から那覇まで乗ってみました。車と違い渋滞がないので、時間を読めるところがいいところ。

16:55分発、北谷を経由し、那覇に18:20分着。シェラトンサンマリーナを16時チェックアウトというタイミングで使いやすく、飛行機も20時台、偶然にもスケジュールにはまったのがその理由です。もちろん一番大きな理由は、乗ってみたかったから

この高速船、恐らくは露出がかなり低い模様。存在自体を知らない人が多そうで、チケットの販売所となっているシェラトンサンマリーナのフロントスタッフも全体的にはあまりよくわかってなさそうでした。


そして時間に。ボーと独特な音を立てながら入ってくる船。本部から乗ってきて降りたのは中国系らしき4人組だけ。恩納から乗ったのは私たち2人だけ。中には誰も乗っていなかったので、完全貸し切り状態。


IMAG1273

IMAG1274

IMAG1275

サンマリーナからの乗船時。

日の入りが18時10分頃なので、船の上からサンセットが望める予定。サンセットクルーズだ!なんて思ったりしてましたが、ちょっと甘かったことをすぐ思い知らされます。

ちなみに左右のどちらに座るのが良いかということですが、左側は街が見え、右側は海と(晴れていれば)太陽が見えます。2階に上がると両方見えるので、2階がオススメ…と乗組員さんが仰っておられました 写真も2階です。

出航して港から出るや否や、高速船の名にふさわしい高速っぷりで走っていきます。それほど揺れないためか、乗る前に心配だった船酔いが杞憂に終わったのは幸い。音が大きく風もなかなかのもので、ゆったりのんびりとは全く正反対でしたが、ちょっとしたアトラクション的に楽しめました。

北谷では1人が乗ってきたものの、計3人だけ。次回来た時、この船にはもう乗れなさそうだなーなんて心配してしまいます


IMAG1288

IMAG1290

北谷寄港時。


IMAG1293

北谷を出航後の夕景。


IMAG1298

太陽はこのまま沈んでいきます。


この後は10分程度で那覇の港につきます。例えば国際通りに用事がある人はそちらへも行けますし、様々な選択肢があるところ。私たちはゆいレールに乗り那覇空港へ行きました。

料金もリムジンバス程度?ですし、大抵の人は日常生活の中であまり船に乗ることはないと思うので、結構楽しめると思います。お子様連れにも是非。ただし天候が悪いと楽しくないかも 1階は雨でも濡れないので、乗ること自体はできます

あ、最後に。もちろん船の会社からは1円も貰っていませんよ

それではまた。

alaska-airlines-tail-1-696x456

2020年2月29日にアラスカ航空とアメリカン航空との提携終了することがアナウンスされました。

アラスカ航空はバイマイルが比較的美味しいので貯めやすく、アメリカン航空は日本でも税金を払う際にマイルを貯められるということで、アメリカ好きのマニアな日本人にはそれなりに影響が出そうです。ただし既に以前より縮小傾向にあったのも事実です。提携のメリットがあまりないようでした。

現在アラスカ航空ではバイマイルのプロモーションをやっていますが、そういう意味でもあまり影響がありません。というのは、アラスカ航空のマイルをアメリカン航空のために使うことはあまりなさそうだからです。しかし予約ができなくなっているので、予約を考えていた方には残念なことになりました。

ちなみにですが、現在のところアラスカ航空でフィンエアーの特典航空券も見つからなくなっています。一時的などうかも含めてわからないところですが、なくなるとしたら個人的には少し残念です。

それではまた。

Alaska_Oct2019_40_925x200_R2


※10/16よりアジア内でのストップオーバーができなくなりました。


アラスカ航空のマイレージプランで、バイマイル時に最大50%のボーナスが付くセールを行っています。私は選ばれなかった人なので、40%でした。

10月31日(PST, -0800)まで。

使い方としては、キャセイでならビジネスクラスでのヨーロッパもアメリカも格安、もしくはJALビジネスクラスで日本をストップオーバーするアジア2区間、その他にもアメリカと日本間などで非常に使えるマイレージです。

ただしJAL関係は以前に比べて特典航空券が取りづらくなりました。主にJALの必要マイル数変動制の採用が原因のようですが、一般に広まったのも影響を与えている気はします。特典航空券の枠は少ないので、美味しい話は出てきづらいです。

JALに乗るなら、主に羽田・成田を使える人にオススメ。例を出すなら、クアラルンプール-東京-バンコクをJALのビジネスクラスで25000マイル。別々の旅程での帰りと行きに使えます。正直、アホみたいに得です。この変則的な往復が使いづらい場合には、片道でも十分で問題はありません。

シアトルでもロスアンゼルスでもシカゴでもお好きなアメリカ-東京-お好きな東南アジアをJALのビジネスクラスで65000マイル。これも上記と同じ条件で2旅程に分けられます。破格です。

キャセイに乗ってのアメリカ方面なら、関西も良い条件です。ヨーロッパ方面は香港発のため、日本から香港の足を別に取らなくてはなりません。また関西からJAL運航の便は、上海、台湾、バンコクしかなく、時間帯も良くありません。

実際に購入するサイトはPoints.comなので、TopCashbackを経由して買うと2.5%のキャッシュバックが見込めます。

alaska

それではまた。

↑このページのトップヘ