予算が気になるトラベラー

コスパが気になるお年頃。

Rocketmiles_newsImage_190919


こちらからロケットマイルズで予約することで、エーゲ航空のマイルが3000マイル追加で貰えるキャンペーンを実施中。(もしエーゲ航空の上級会員なら4000マイルになります)

エーゲ航空は必要マイルが少なめのため、結構大きいキャンペーンではないでしょうか。例えば21,000マイルで、日本と東南アジア間の片道分ビジネスに乗れます。


Rocketmiles_newsImage2

例えば大阪。ドーミーイン北浜だと10,970円で3500マイル。還元率が10%とか20%とかいうレベルではありませんね。LINEのキャンペーンなどは霞んで見えます。

その下の相鉄フレッサインは適用外のようで、安いホテルではこういったところが見られます。


英語だしエーゲ航空だしと、あらゆる意味で人気のなさそうなキャンペーンですが、使える方にはとってもお得なものになるでしょう。わかる人だけで楽しめば十分かもしれません。

それではまた。

デルタでは特典航空券を使う際の必要マイルが変動制となっていますが、なかなかにお得なタイミングがあるようです。

例えばTYO-SFO(東京-サンフランシスコ)で、往路2/18、復路2/25の便で検索すると…。

deltaflashsale


30,000マイルのところが5か所ほど見られます。そしてアメリカ系の良いところは諸税の安さ。6,650円は本当に嬉しいですよね。日系だと数万円かかりますから。

特にSFOで固定されているわけはなく、デンバー(DEN)やら何やらで西海岸は対象の地区も多い模様。東側のワシントンD.C.(IAD/DCA)やらニューヨーク(JFK)だと4万マイルになるようです。


deltaflashsale2

進めてみると、この通り。シアトル乗り継ぎですね。その他にも多数の選択肢が出てきます。


deltaflashsale3

帰りはロスアンゼルス乗り継ぎを選んでみました。そこから羽田行きです。



さて。デルタのマイルをお持ちでしょうか?

日本500をちまちま送ってると、3万マイルくらい貯まってる人もいるかもしれませんね。実際にそれほど高いハードルではありません。

もしくはマリオットのセールで10万ポイント…まで買わなくても、75,000ポイント買うと3万マイルに換えることができます。ただし75,000ポイント全部買ってマイルへ移行…ともなると、お得とは言えないですね。その他にアメックスのポイントからも移行できるので、デルタのマイルの取得についてはルートが多い方でしょう。

スカイチームのために(?)デルタアメックスを持っていれば、サインアップボーナスなどもあるので多少マイルが貯まってるかもしれません。

使い道の難しいとされている気がするデルタのマイルですが、有効期限がないのをいいことに貯めっぱなしの人もいるんじゃないでしょうか。今回はその使い道の1つのような気がします。

それではまた。

satofuru2

何かと批判の多いふるさと納税ですが、アメックスオファーにてボーナスポイントの付くキャンペーンを開催中です。お持ちのカードによっては何も表示されないこともあると思いますが、その際には諦めてください


satofuru

利用期間は12/31まで。

200円につき2ボーナスポイントが付きます

ふるさと納税は200円につき1ポイントのような気がするので、つまりは200円で3ポイントになる…ということで良かったでしょうか?(←わかってない)

まだふるさと納税してない!という方には、1つの魅力的な支払い方になるかもしれません。

私はピーチアビエーションのために、だいたい泉佐野に突っ込んでいるので、残り枠はあんまり残ってない気がします

それではまた。

バイポイントシリーズ第3弾。今回はヒルトン。同じことしか言ってませんが、とにかくイオンカードです。(対象外だったらごめんなさい)

Hilton_Sept10-Oct222019_Step1BannerMASS_690x150_R1


ヒルトンオナーズで、100%ポイントボーナスのセールを行っています。

Hilton_Sept10_2


3,000ポイント以上買うと、購入数と同じマイルが貰えます。つまりは1ポイント0.5セント。日本円では1ポイント0.55円ほど。

日付としては、10/23まで。

ポイントは、キャンセル可で予約できるのが1つのメリット。値段を追及するとヒルトンはキャンセル不可の予約が多く、それなりに重宝します。さらにシーズンのピークがあるようなホテルで使うと、得できることが多いように思います。国内なら沖縄がわかりやすいでしょうか。もしくは土日ですね。

そういった意味で、値段が上がりがちなタイミングなら、0.55円/ポイントで使うのは比較的簡単です。予約したい日程を眺めてみて、ポイントと比較してみると良いと思います!

またヒルトンのポイント販売ではPoints.comを採用しているので、TopCashBack経由だとキャッシュバックがあります。

hilton100percentssale4

ヒルトンは2.5%ですね。悪くありません。Get Cashbackを押して、別ウィンドウ(別タブ)ででも上記URLよりポイントを買えば大丈夫です。

それではまた。

IHG_JSept16-222019_Step1Banner_Desktop_880x250_R1Mass

IHGにて100%ボーナスのポイントセールを行っています。

9月24日(EST-4)まで。日本時間9月25日12:59分まででしょうか。詳細はさておき、そう、ここでもイオンカードを生かせるチャンス。(対象外だったらごめんなさい)



ihgbonus

7000ポイント以上購入の場合に、100%ボーナスが付きます。


ihgbonus2

かといって上記のような10000ポイント+ボーナス10000ポイントだと、少し高い値段が付いています。

26000ポイント以上購入すると、26000ポイントボーナスが付いて、260ドル。ポイント単価0.05ドルとなります。

ここにイオンで20%還元されるとすると、208ドルは22,495円。ポイント単価0.43円。IHGに泊まるなら割と容易に元が取れるところまで下がります。素晴らしい。

日本国内のみならず、世界中にたくさんあるバジェットホテルなので、マリオットよりも余程お勧め。ただしポイントには1年という有効期限があります。ポイントが増えたり減ったりすれば、有効期限は伸びますが、全く普段泊まらないという人はご注意を。

マイルにも交換できますが、レートは極めて悪いため、お勧めしません。

TopCashBack

マリオットの時にも同じことを書きましたが、今一度。

特にアメリカ系のウェブサイトでポイントを買う場合、points.comが採用されていることが多いです。IHGもpoints.com。

TopCashbackを経由して買うとキャッシュバックが見込めます。
pointscom

キャッシュバックできる先はある程度限定されていますが、Paypalは日本人にも使いやすいでしょう。

日本のポイントサイトを使い慣れている人にはとても簡単。会員登録して、画面上部にある検索ボックスでpointsと打てば出てきます。そして赤いGet Cashbackボタンを押しましょう。

その後、ポイントの購入を開き、そこから買うことでキャッシュバックが受けられます。

それではまた。

alaska190918

アラスカ航空のマイレージプランで、バイマイル時に最大40%のボーナスが付くセールを行っています。(もしかしたら人によっては、最大は50%かもしれません)

9月22日(PST, -0800)まで。今回は期間がかなり短いです。イオンカードの対象外ですね。

使い方としては、キャセイでならビジネスクラスでのヨーロッパもアメリカも格安、もしくはJALビジネスクラスで日本をストップオーバーするアジア2区間、その他にもアメリカと日本間などで非常に使えるマイレージです。

JALに乗るなら、主に羽田・成田を使える人にオススメ。ただし以前に比べて特典航空券が取りづらくなりました。主にJALの必要マイル数変動制の採用が原因のようです。

例を出すなら、クアラルンプール-東京-バンコクをJALのビジネスクラスで25000マイル。別々の旅程での帰りと行きに使えます。正直、アホみたいに得です。この変則的な往復が使いづらい場合には、片道でも十分で問題はありません。

シアトルでもロスアンゼルスでもシカゴでもお好きなアメリカ-東京-お好きな東南アジアをJALのビジネスクラスで65000マイル。これも上記と同じ条件で2旅程に分けられます。破格です。

キャセイに乗ってのアメリカ方面なら、関西も良い条件です。ヨーロッパ方面は香港発のため、日本から香港の足を別に取らなくてはなりません。また関西からJAL運航の便は、上海、台湾、バンコクしかなく、時間帯も良くありません。

実際に購入するサイトはPoints.comなので、TopCashbackを経由して買うと2.5%のキャッシュバックが見込めます。

alaska

それではまた。

yahoo_connect_960_230

アメリカンエキスプレスの一部カードについて、Yahoo!ショッピング で15% キャッシュバックキャンペーンが開催されています。

10月17日まで。登録は先着7万人とのこと。その都度15%がキャッシュバックされるようです。

詳しくは下記バナーよりご覧ください。




対象会社は以下の通り。アメックス本体は対象外の模様です。

・株式会社クレディセゾン

・三菱UFJニコス株式会社

・株式会社クレディセゾン 、三菱UFJニコス株式会社が提携するカード発行会社ならびにフランチャイジー会社

・株式会社エムアイカード


イオンカードに被らない時期、もしくはイオンカードの上限50万円をオーバーしてしまうことが分かっているなどで、利用価値があるかもしれません。

正直言って影が薄いというか、何とも言えない存在のYahoo!ショッピングですが、楽天で売ってるものの何割かは同じものが売っているように思います。各種イベント等に乗らず普通に購入するのであれば少なくとも15%引きですから、お得でしょう。

最近は買うことも減ったという人も多いでしょうが、本などはわかりやすくお得ですね。送料無料とは限らないので、そのあたりのチェックが面倒ではありますが…。

それではまた。

マリオットにてピークシーズンが設定されました。確認してみるとやはり使いたいタイミングで必要ポイントが上昇しているところが多いように感じられます。

恐らくは地域単位でシーズンが決まっていて、年末年始などはなかなかきつい感じです。ただし一部ホテルでは戦略としてでしょうか、ポイントセーバーということで必要ポイントが下げられていたりしますね。

balilist

本来は150,000ポイントですが、ピークでは180,000。ポイントセーバーで165,000というところがあります。バリはカテゴリー4が多いので、安いトラベルパッケージの使い道には事欠きません。

そう、トラベルパッケージ。

travelpackage

公式ウェブサイトにもまだピーク・オフピークの設定がありません。

気になるのでやってみました。

結論。現時点ではピーク設定がなさそうです。330,000ポイントでピークの4も予約が出来ます。トラベルパッケージは、今では魅力が失われたとされるシステムですが、僅かに光明が出てきたでしょうか?といっても7泊なんかしねーよという人にとって、全く無意味な話でもあります。

使える人には検討の余地が増えました。

もう1つの解釈も可能なので説明しておきます。予約自体は9月14日以前、つまりはピーク設定前の予約であったため、宿泊に必要なポイントは150000ポイントのままであり、特に問題が生じなかったということかもしれません。9月14日以前の予約は、そのポイント数で固定されていたことを主張できます。マリオットでは、この手の「知っていなければ損をする」シーンが数多くありました。BRGで6000ポイント貰えたりなどしましたが、これもその1つでしょう。

確認はしていませんが、恐らくは前者だと思います。

それではまた。

Use-MR-Hero-Desktop

条件等

前回は25%でした。今回は30%。そのため前回購入しなかった人で、でもその際に購入を検討した人には、この微妙な上昇率に悩まされるかもしれません。今回は買うべきか、それとも買わざるべきか…?

2019年10月18日まで。マリオットでは1年間に買えるポイント数は50,000までですが、このセール中に限り100,000まで買えるとのこと。

局地的な話ですが、JCBカードでは払えません。ビザ、マスターカード、アメックス、ダイナースでは払えます。お気を付けを。

(後述しますが、topcashback経由だとキャッシュバックがあります。)


buymrpoints

ポイント単価0.94円(by Google)。これに通常はスプレッドや手数料がかかりますから、0.97円程度でしょうか。約1円。

買うべきか、買わないべきか

当たり前ですが…やった、お得だ!と飛び込むほどではありません。しかもピークシーズンが設定されたので、再びマリオットポイントの希釈化が進みました。溜め込んでも得をしないことがわかりやすく目の前に突き付けられている感じです。

宿泊利用の場合において、1ポイント約1円で買ってお得な状況は非常に限られています。イベント等による高騰を確認した後など、実際に得をする状況を確認出来ないと買えないと思います。年末年始などのわかりやすくお得だったところはその価値を下げられましたし、ポイント的にお得だからと無理に繁忙期に泊まるのは本末転倒も良いところです。

支払いの際に貰えるポイントを考慮する必要もあります。税金分以外で1ドルにつき10ポイント還元。そしてゴールドなら25%増し。プラチナなら50%、チタン以上なら75%。結構大きいです。

マイルはどうでしょうか。

60,000ポイントで25,000マイル。これは25,000マイルを58,000円で買うようなものです。マイル単価2.32円。決して安いとは言えない…どころか、通常なら高過ぎて買うのを躊躇してしまうところです。いわゆるスイートスポットを確実に狙える状況ならばありかもしれません。

どちらにしても、使いどころの目算が出来ている状況なら買えるといった感じに見えます。

そしてイオン

何度も何度もしつこい話ですが、そこでイオンカードの登場。(対象外だったらすいません。)

20%キャッシュバック、つまりは20%引きとして考えると、ポイント単価約0.78円。ここまで来てようやく買うことを考えるレベルでしょうか。

宿泊の場合、目安として1ポイント1円で泊まれるなら得と言えるでしょう。例えば税込15,000円のホテルに、15,000ポイント消費。実際には損益分岐点はもう少し下にあると思いますが、分かりやすいラインとしてです。

マイルの場合は、25000マイルを46800円で買うことになります。マイル単価1.872円。これは買い得るラインです。マリオットのポイントは様々なマイルへ交換できるのが魅力。アラスカ(AS)、アメリカン(AA)、ユナイテッド(UA)、JAL…他にもたくさんの目当てがあることでしょう。ANAマイルにするのは全く美味しくないと私自身は認識していますが、他のマイルに興味がない人はANAに交換しても良いと思います。いや、やっぱりどうかな…。

注意点としては先にも書いたのですが、JCBでは購入できません。JCBでしか持ってない場合は…今から作って間に合うでしょうか?

TopCashBack

特にアメリカ系のウェブサイトでポイントを買う場合、points.comが採用されていることが多いです。マリオットもpoints.com。

TopCashbackを経由して買うとキャッシュバックが見込めます。
pointscom

キャッシュバックできる先はある程度限定されていますが、Paypalは日本人にも使いやすいでしょう。

日本のポイントサイトを使い慣れている人にはとても簡単。会員登録して、画面上部にある検索ボックスでpointsと打てば出てきます。そして赤いGet Cashbackボタンを押しましょう。

その後、ポイントの購入を開き、そこから買うことでキャッシュバックが受けられます。

しかしながら現在でも有効かどうかは、試してみないとわからないところではあります。SPG時代は有効でしたが、対象外になってたらごめんなさい

tcbmarriott

問題なくキャッシュバックされるように見えます。

それではまた。

20190915_112742275

こういうところへ行ってきました。

記事にするほどの写真もボリュームもありませんが、備忘録的に。旅行記とは言わない程度のもの。


IMAG1229

今時珍しいボーディングブリッジがない搭乗。タラップを使います。

MM189。ピーチアビエーション。小ネタですがMMはピーチの日本語である桃、MoMoから来ているそうです。飛行機小ネタ選手権で役に立ちそうな内容ですね。(そんなもんない)

フライトは大阪(KIX)-宮崎(KMI)。A320-200だったでしょうか。座席の配列は3-3。単通路で30列程度しかない、小さい飛行機です。席も狭い。しかしたかが50分程度なので、寝ていれば着きます。

帰りはMM190。チェックインがギリギリだったため非常口座席でした。やはり寝ていれば着きます。

飛行機の話はこれで終わり。


20190914_102410804
(ANAホリデイインリゾート宮崎2階。フロントデスク前。)

何をしに行ったのか。それは、この写真をご覧ください。

…すげーわかりにくいですね。

(ちなみにハニワは宮崎がところどころで見せてくるキャラクター。町おこしの一環的に時折見かけます。そういう意味では、みやざき犬というキャラクターはさらに露出が多い模様。そんなにかわいくもないけれど、露出は増える一方?どんなキャラかは、宮崎に行けばわかります。…検索した方が早いですが、検索する価値はあまりないかも)


20190915_110502207
(ANAホリデイインリゾート宮崎1階)

そう、サーフィンの世界大会。これを見に来ました。

東京オリンピックでもサーフィンがありますね!そちらに出る日本人の選抜も兼ねているような大会です。もしオリンピックでサーフィンを見ることになったのなら、選手のことを少しでも知ってると、さらに楽しめるような気がしますよ。


20190914_120810681

14日の最終ヒート終了後のステージ。めちゃ天気悪い中、なんとか終わったところ。

日本で一番馴染みがあるスポーツと言えば野球でしょうか。見に行ったことのある人もそれなりにいると思います。その雰囲気や現場にいるという実感など、やはり見に行かなければ分からない部分はたくさんあるでしょう。

ただし内容を知りたいのなら、テレビで見た方が遥かにわかりやすいのも事実ですね?

敢えてとはなりますが、サーフィンもそれに近いことが言えると思います。と言っても、やはり現地で見るのは楽しいものです。ただし座席等がないので、身長が低い人は不利かもしれませんそれくらい観客が多かったです。とにかく多くてびっくり。

というわけで、1つ前の写真。左に切れていますが、モニターが映っていたり。これで生放送していました。ホテルのこのテレビで見ている人も多く、私たちもそこで見たり見なかったり。AbemaTV、ありがとう。NHKでもそのうち放送するでしょう。


20190915_140535634

15日は打って変わっての快晴。

青島ではサーフィンをする人がそれなりに。溢れかえるほどでないところが素敵です。


20190915_132757505

宮崎のイメージは単なる田舎ですが、青島あたりは色々頑張っています。お洒落なカフェも結構ありますし、青島ビーチパークではGW~恐らく9月いっぱいまでこういう出店があります。

海と適当なフード。カフェ。ビーチでの、個人的に欲しいものがここには大体詰まっています。


宮崎のシェラトンはまだSPGの頃にプラチナになって初めて訪れたホテルで、思い出深く良いホテルだと思いますが…周辺には何もなく、そしてホテルだけで過ごすには正直言って物足りません。ゴルフや乗馬をするなら問題ないと思うんですけど。

というわけで、ANAホリデイインリゾート宮崎。思い立ったのが遅く、世界選手権の影響か、IHG公式では売り切れ。そこでOTAのドコモという名の付いたJTBで予約。

部屋は7階のツイン。35平米とそれなりに広く、何の問題もなし。部屋にコーヒー等はなく、緑茶だけなのは少し寂しいところ。水回りは古い感じですが、まるで自宅のような設備。といってもやはりここは日本で、問題は全くなし。日本のホテルの水回りに勝てる国は思い当たりません。


20190913_215434036

IHGでは全ホテルでミニボトルのシャンプー類を止めることになっていますが、こちらではいち早く大きなボトルが置いてありました…って、ずっと前からだとは思いますが。世界の最先端を行くホテルですね


1階にはコンビニ。各種お土産、ドリンク・酒類、冷凍マンゴー(フィリピン産)、お菓子・パンなどがあり、買い出しに行く必要がありません。お弁当の類はありませんが、レストランが格安であり、周辺にもお店があるので、必要に駆られないでしょう。1kmほど行けばセブンイレブンもあります。

朝食会場は地下1階。披露宴などにも使うためか、だだっ広い。エッグステーションとパンケーキステーションを兼ねたところが中央に。まあ基本的にしょぼいですが、ホリデイインに多くを求めても仕方ありません。食べていませんが、宮崎名物の冷や汁はありました。グラブ&ゴーでコーヒーやオレンジジュースを部屋へ持って帰れます。

写真は全くありません

部屋でグダグダするようなホテルではないので、どこかへ出かけながらになるでしょう。

それではまた。

↑このページのトップヘ